2016年03月30日

勝手にKDP本レビュー★30割鞘義一郎「魔球投手1 ダイヤモンドの魔術師」

どこぞの赤毛のお嬢さんが激奨していた割鞘義一郎さんの「魔球投手1 ダイヤモンドの魔術師」を読了。
いやー、凄かった。
KDPには上手いなーと思う作品や面白いと思う作品、あるいは嫉妬するようなセンスが感じられる作品はいっぱいありますが、こいつは「ぶっちぎりで凄い」としか言いようがない。

近未来、内戦が一時休止した日本を舞台にしたプロ野球エンタメ。NPBは全日本プロ野球リーグ(神聖プロ・リーグ)が行われているんですよ。それもタイムリーな賭博的な感じで。
その中で、4年連続リーグ最下位の東洋トルーパーズが、地下組織の野球リーグで、存在を伏せられた都市伝説的な闇リーグに試合を申し込まれるんです。闇リーグはトルーパーズを皮切りに神聖プロ・リーグを食い潰していこうと企んでいるわけです。というか、この荒廃した日本ではプロ野球は国家的には凄く重要という。そして、見え隠れするデンジャーなフーリガン・シンジケートの影。こいつらはイスラム国的なヤバさらしい。
その危機的状況のトルーパーズに加わるのが魔球の使い手、月影祐摩。実は彼の父親、星原鉄男は常勝軍団ジャガーズのコーチでありながら実は、的な。
もう、ここまででもクラクラするほどの情報量。そしてなんでもあり。月影の魔球はガチ魔術なんで、人は死ぬし天変地異は起こすし。あと、普通に幽霊とか超常現象もありですし、銃もバンバン発砲する。

マンガ大国日本、ハリウッドのアメリカ。この2国で盛んな球技だけあって、両国を中心に野球を題材にしたエンタメは星の数ほどあります。中にはかなりキテるものもありますが、設定を見るだけで、この作品は良い意味で極北的カルトエンターテイメントに仕上がってる。比べられるタイトルはあまり見当たらないと思います。
昔、コミックボンボンに、人類の存亡を賭けて、月面で火星人相手に巨大ロボに乗って野球をするという凄いマンガがありましたが、それ以来の衝撃かもしれない。

ただ、この作品は単なるオンリーワンじゃないんですよ。まず、かなりぶっ飛んだ設定でネタに走るかと思えば、んなこたーない。ガチです。ところどころに、往年の大リーグボール的な小ネタは挟みますが、終始、真面目。大真面目。重厚な文章と繊細な人物描写、膨大で緻密な設定で、このクレイジーな設定にリアリティを持たせることに成功しているんです。いや、マジで上手い。
最初はおバカ系かと思ったんですが、なんていうか、突き抜け具合にメロメロになっちゃう。
ストーリー運びも巧み。凝った仕掛けはないですが、終盤のリターンマッチとか熱かった。
あと、あとがきにもありましたが、作者はさほどプロ野球好きじゃないんだろうな、という感じは分かる。月影以外は結構投げやりというか、月影以外の選手のプレーはどうでも良かったのかなーと。そこは個人的にはプラスと捉えたいです。大事なのは「魔球」でしょうし。
あとは、本作はシリーズものの序章。オープン戦開幕直後でしかないので、個々のキャラクターの評価は難しいですが、かなり良いです。
舞台も近未来より現代にした方が異常性が浮き彫りになって面白いかも、と思いましたが、きっと、この設定が次作以降に重要になるんでしょうね。



とりあえず表紙がないのが勿体無いですが、多分、この作品に見合う表紙は難しそう。
あと、長い作品なので目次にリンクがあると嬉しかったっす。
posted by ヤマダマコト at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

近況いろいろ。

ネタがないので、また色々進捗報告。

いきなり焼きそばでもKDPでもないネタから。
プライベートの方で新年度から色々重責を背負わされてしまうことになりました。ちょいしばらくは創作ペースが落ちるかも。参った。ちょっと気が重いです。

カップ焼きそばは、いろいろストックはあるけど、崩すのがめんどいです。ペヨングも放置してたら旬が過ぎてしまった。
逆にKDP本は崩してます。今は赤毛のお嬢さん激奨の野球のアレ。読み終わったら後日レビューするけど、ぶっちぎりで凄い作品です。まず作者の筆力が凄まじい。KDPでは少ないリアルかつ重厚な文体から繰り出されるナンセンスな近未来オカルト超人野球。何が凄いって、荒唐無稽なストーリーにリアリティを持たせるための設定と、圧倒的な日常の描写やリアルな人間ドラマ。これは桁違いっすわ。無料キャンペーン終わってますが金払って読むべき。

KDP本にしてはちょっと高価ですが、ボリュームもクオリティーも申し分なし。表紙がなかったり、目次にリンクがなかったり、粗挽き団的なところはご愛嬌。

プロ野球開幕しました。もうアレでアレでアレなんで無視しようと思ってましたが、やっぱり開幕すると気になって仕方ないのです。小学生時代から続いている行事ですし。

新作「怪物少女フォーエヴァー」について。4月上旬にリリースして、そのあと無料キャンペーンやります。多分、大丈夫。ピーカブー!よりボリュームはあります。問題は「鳥葬」か。「ほうき星」に比べて人を選びそうな感じ。とりあえずPTA関係の雑務が終わらないとキツいですが、そこまで遅れないはずです。

昨年買ったファイアーエムブレムif、いまさら暗夜王国をハード&クラシックでクリア。久々にリセットありで全員生存プレイ。すごくバランスが良かったです。マップも良くできていたし、陣のバランスや使い勝手も見事。次は最後のシナリオですか。新作出るまであと数年は遊んでそう。ゲームする時間はあるのね、と言われれば身も蓋もないですが、それくらいの息抜きは、ね。

KDPの3月の販売状況は、しばらく先月の5割増という謎のペースで爆走してましたが、春休み突入で急減速。追い風が止んだかも。来月が心配。KENPはおかげさまで先月以上確定で一安心です。こっちも来月は下がると思われます。

あと、チルドの焼きそばといえば、マルちゃんの3食入りが定番ですが、最近、新潟市内の入沢製麺の3食入りが良い感じ。干しエビ大量投入で美味しく作れる。ほぐれやすいし。新津フードセンター以外では見つかりにくいのが残念でならないっす。ローカル過ぎるので誰にメリットがあるか分からないネタですが。
以上。
posted by ヤマダマコト at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

勝手にKDP本レビュー★29山田佳江「ボタニカルアリス」

メジャーな方のヤマダさんこと山田佳江さんの「ボタニカルアリス」を読了しました。面白かったです。
ボタニカルって最近流行った言葉なんで、なんとなく気になってたんですよね。ただ、この表紙からイメージしたものは「ゴジラ対ビオランテ」。もともとSFが得意な方だと聞いていたんで、やっぱり、ああいうバイオ系のSFホラーかなと勝手に思っていました。
あと、ボタニカルアリスっていうネーミングが凄く女性的で、表紙もそんな感じで筆者も女性。なんとなく、すごくおどろおどろしいものを想像していましたが、んなこたーなかった。

内容は仮想現実×植物園という組み合わせで、近未来、体感型アミューズメント施設の仮想現実が予期せぬ動作をするという。ARとかサイバースペースとか押さえておけば、難しい用語や理論は極力排除してあるし、登場人物もすごく理解しやすい。シンプルだけど、ちゃんと味付けはしっかりしてあって良い感じ。特に会話文の良い意味での軽さは勉強になりました。
あと、特筆すべきは、どうしようもない悪人がおらんのです。こういうパニック物って、プライドにこだわって足を引っ張る施設責任者とか、証拠隠滅のために主人公を殺そうとするヤツとか、下手したらデータ盗んで金儲けを企むエンジニアとかがいるのがお約束ですが、そんなのはいないんです。すごく優しい世界なんだけど、しっかりスリリングな展開を生み出しているのはストーリーテーリングの巧さを感じさせます。
ただ、愛憎入り乱れた不健全でドロドロした爛れた人間関係を好むイヤラシイ方のヤマダ的な私はような人には、その点は物足りないかも。いたって健全なストーリーですし。表紙のバラは妖艶だけど、むしろ爽やかな読後感でした。

あと、シーンとして印象的だったのは、蝶の群れの飛翔のシーン。そこに至る過程も面白いし、なにより、あの場所でオオゴマダラの群れが一斉に飛び立つシーンはインパクトがありました。あのスリリングな展開であれですし。どこかでパク、いや参考にしようかなーと。



とにかく、小難しいことは考えずに一気に楽しめるストーリーでした。もしかして、自分が読んでるこの本こそが、とかいろいろメタなことを考えてしまいます。
タグ:KDP SF Kindle
posted by ヤマダマコト at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする