2016年06月28日

勝手にKDPレビュー★35王木亡一朗「夏の魔物 Out of Standard 」

というわけで、久しぶりのKDP本レビューは、以前に課題図書に挙げていた王木亡一朗さんの「夏の魔物 Out of Standard」。昨年の晩夏にリリースした割れたスイカと個性的なフォントの表紙が印象的な短編集。

王木さんは同郷の出身というか、同じ小学校の後輩というちょっと縁がある方で、私自身は面識はなさそうですが、実は妹や従姉妹あたりは世話になってるんじゃ、というかそんな感じだったりするんです。で、もう一つの縁というのが「夏の魔物」。
私が初めて出したKDP本「団地のナナコさん」がスピッツの初期シングル曲「夏の魔物」をモチーフにしたファンタジーだったんですが、まさか、そのものずばりのタイトルで来るとは。王木さんも、同じ曲からインスピレーションを受けたそう。
ちなみにスピッツの曲は私が中一のころのリリースで、スーファミ全盛期。スピッツがロビンソンでブレイクする何年か前で、すごくマニアックだった時期なので、どう考えも王木さんがリアルタイムで聴くことはなかっただろうな、と。深夜のラジオとか聴く年じゃないですしね。どこかで、小島麻由美さんのカバーの方をあげていたので、そっちのイメージなのかも。たしかに表題作は、女性的な雰囲気で、そっちに寄っている気がする。スピッツの方は未分化な性衝動と攻撃性とノスタルジーが入り混じった倒錯したジュブナイルのイメージがより強い感じですし。

そんな意味でも、私がこの作品を読むのは必然的というか、早い段階で買ってたんですが、読む時間がなかったんですね。で、夏だし、ってことで。

5作収録してあるんですが、比較的スタティックなものが多い感じです。印象に残った作品を挙げると、まずは「ライトセーバー」。ポイントは二人称の使い方。私も昨年末に二人称小説を書いたんですが、その前に読んでおけば良かったな、と後悔してます。この作品については終盤が気持ち良かった。「キミ」の心理をもう少し上手いこと表現できれば、もっとラストのカタルシスを高められることができたかもなーと思わなくもないですけど。なんちゅうか、王木さんの人間的な魅力というか、いい人なんだな、っていう部分がすごくうかがえる感じがします。
あとストーリー的な完成度では「サイクロプス」が圧倒的だと思うんですが、個人的に好きなのは、「ヘレン!ゲッタウェイ・フロム・ミー、ユー・ビッチ!」。ヘレンというと西川師匠のアレですが、とにかくヘレンと主人公の関係、ヘレンの描写が抜群に上手い。すごく緊張感とリアリティがあって、唐突に終わるラストの無常感もすごくいい。このあたりは、それこそ「夏の魔物」を書いたころの草野マサムネ的な感じがする。この美しさと居心地の悪さ、卑屈さが入り混じった感じがたまらない。これ、よく考えてあるなと思うし、私がいろんな作品で挑戦してなかなか上手く表現できない部分だったりするんで、ちょっと羨ましい。
表題作の「夏の魔物」は、経過や展開にサプライズはないですが、小道具としての花束の使い方がいい感じでした。あのあたりが王木さんのセンスというか。



あれっすね。これからの時期、大学生がお盆の帰省中の電車で読むとちょうどいい感じだと思います。
posted by ヤマダマコト at 10:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

近況とかgangな話とか

さて、ネタがないのにブログ更新。
今月の販売はまずまず順調。ていうか山彦だけならかなりハイペースですが、他がちょっと。
何かテコ入れせねばなあ、と。来月の七夕あたりに企画を立てたいですが、いろいろな人が動いているようなので、避けた方がいいのかしら。

今はひたすら新作を書いてます。今週からタスクを集中させてペースも上がってるし。問題は本業のお盆進行とPTAの夏休み行事の準備が重なってくること。7月入ると、一時的にペースが落ちそうな気がする。
それでもまずまず順調な方なのかなぁ、と。

にしても、文章を書くスピードっていうのは分からないな、と。
本業でフリーペーパーや新聞の記事を書くときは、執筆そのものより取材の時間が圧倒的に多いので、一概には言えませんけど、必要なものが揃っていれば、だいたい原稿用紙3枚分の記事で15分から20分程度。同じ分量のコラムで40分くらいあればイケる感じ。
ちなみに、このブログ記事でだいたい1本10分くらい。ネタさえあれば。
比べて小説は不安定。今はノルマ1日5000字でちんたらやってますが、推敲や表紙作りもあるのでリリースは10月上旬目安なのかなぁ。
前作から半年空くのは少し不安だったり。ここまで間があるのは初めてなんですよね。
その次は、ストック改稿して出すつもりなんで早いと思うんですが。

あと、なんか話題あったっけ。ああ、セルパブgangの件ですかね。個人的には、ツイートしてる通りです。私から話すようなものでもないですが、なんとなく、組織だと思われてたりすごく誤解されてるフシがあったり。いろいろ残念だな、と。
ヘリべさんも、そんなに慌てずに性急に動くより、何か起きた場合はまずはじっくりとコミュニケーションをとって相互理解を図る方がいいのにな、とは思います。理想と現実の折り合いをつけるのはすごく大切で、年単位で少しずつ進めばいいじゃない、的な。
ただ、私自身はどんな思想や方向性であっても行動を起こす人の方が好きだし、信じられるわけです。それは昔から変わらない。
基本的に面白いことをやろう、っていうのがすごく大事かなーと。派閥ごっこは興味ないですが、自分が面白いと思うことに対しては、できる限り協力するつもりです。
そもそもgang登録のきっかけが、今、藤崎さんが頑張ってる本なんですよね。あれは絶対に面白くなる。ムチャクチャ謙虚だけど、ムチャクチャ野心的な本だなあ、と。
個人的には、今回、完成してみんなの中で共通イメージができたら、来年からは編集委員会作ればいいと思うんですよ。ただし、1年で解散しメンバー入れ替えて進めるという。そうすれば新鮮さと公平さを保てるんじゃないでしょうか。いわゆる青年会議所システムですね。

次回はKDP本レビューとか書くんじゃないでしょうか。
タグ:KDP Kindle
posted by ヤマダマコト at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

夏休みの課題図書について

眠い。
なんか、最近ブログ更新遅れてますね
これ、言い訳じゃないんですけど、マジでPTA役員の仕事が重くのしかかってるんですよ。
アホか、と。PTA行事や会議に合わせて仕事を休むんだから、自分の時間なんてあるわきゃない。
あったとしたら執筆にぶち込むのでブログまでは手が回らないのです。
それでもヘリべさんの企画に緩く参加してみたりとか。これは本当に好奇心によるものですが、そんなことをしつつあっという間に時間が過ぎていく感じ。

さて、何を書こうか、ということで、とりあえず、今後読みたいKDP本を挙げておこうかと。
読みたいだけで、読むとは限らないし、読んでもレビューを書くとは限らない感じ。結構、あるんですよ、そういう本。面白いのに上手く言葉でつたえられないヤツ。
というわけで、煎ってみましょうか。

まずは同郷の王木さんの「夏の魔物」。

昨年の晩夏にリリースされた作品だったと記憶してます。王木さんはあれから新作をリリースし続けていますが、あえて、この時期に読もうかなと。前から気になってたし、すでに手元にはあるんですけど、なかなかタイミングが合わなかった。
夏ですし、スピッツですし。
短編集らしいですが、テーマも面白い。表紙のスイカが「弾けた少年の生首」のメタファーだったりしたらどうしよう、とか狂った妄想をしつつ。

もう一冊は、竹中由浩さんの「ユキ」。

あらすじ見る限りストライク。これ、好きな人にはたまらないでしょう。川、釣り、ダム建設、謎の女、ひと夏の思い出。このキーワードで買わない手はない感じ。竹中さんは釣り関係のライターさんのようですが実はエッセイをいくつか読んだことがあります。本当に面白い。なんで、小説でどんな世界観を見せてくれるか楽しみです。
タグ:Kindle KDP
posted by ヤマダマコト at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする