2016年11月29日

勝手にKDP本レビュー★40竹中由浩「ユキ」

ことし夏に、王木さんの「夏の魔物」と一緒に課題図書にしていた竹中由浩さんの「ユキ」をようやく読了。んで、40作目の節目のレビューらしい。
この小説は、かつて甲子園を沸かせた元プロ野球選手の秋本と、中学の野球部でイップスを抱えてしまった少年・翔太、そして謎の若い女・ユキを軸にした物語で、秋本と翔太が釣りで出会った川・生更木川のために行動を起こす、という展開。タイトルは「ユキ」ですが、秋本視点で見てしまうのが、おっさんの悲しいところ。
ちなみに表紙がいかにも某釣りキチ風味ですが、釣りマニア専用というわけではないので、ご安心を。むしろ万人向け。

以前から気になっていたんですよ。竹中さんは本職のライターでリールなんかの釣り具系のKDP本をたくさん出していて、私も釣りは結構好きだったということもあり、普通に本を買わせていただいていたこともあるし。また、ちょうどリリース時期が私の「山彦」と近くて、同じカテゴリーということもあり、ランキングで見かけることが多かった。その表紙から、面白そうオーラが出ていたわけです。

あらすじを見る限りでは、夢破れた秋本が翔太を導くハードボイルド的な雰囲気ですが、どちらかと言えば、ヤングアダルト的というか、児童文学っぽい手触りですごく読みやすかったです。というか、表紙がもうそんな感じですよね。竹中さんはブログで「ラノベ調」と言ってましたが、むしろ、かつてのNHK教育テレビのジュブナイル向けドラマを思い出しました。分かる人には、そっちの方が分かってもらえるはず。最初は戸惑ったけど、これはこれでアリだなぁ、と。
ストーリーは3人だけにとどまらず、地元自治体の汚職や建設業者との癒着、さらに魚類の研究者などにも広がっていく感じもすごく好み。とくに魚関係のうんちくは本職だけあって、情報量は抑え目ながら、文章の向こう側に膨大な知識が感じられるのがすごい。
ちゃんと野球がサブストーリーとして機能しているのも良い感じで、物語としてはシンプルながら必要十分な感じがしました。

一つ気になったのは、翔太がアクションを起こすきっかけがちょっと弱い気がすること。もっと釣りや川との関わりが書けていれば、動機付けがスムーズになる気がしました。本当に些細な部分なんですけど。




ちょいと季節外れではありますが、ぜひ、他の人にも読んでほしい。どう考えても私の好みにストライクなわけですが、きっと、好きな人は多いと思う。埋もれさせておくのはもったいないっす。
竹中さんも、売れれば小説を次から次へと量産してくれるかもしれませんし。

ちなみに私は、小中学生のころに吸い込み針でコイを釣るとか、サビキでイトヨを釣るとか、あんまりスタイリッシュな釣りはやってないっす。平野部の人間だし、渓流は敷居が高かった思い出。駄菓子食いながら遊んでた感じです。
ラベル:釣り KDP Kindle
posted by ヤマダマコト at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

Amazon公式セール反省会

おお、2日続けてのブログ更新。昔は当たり前だったんですけどね。
というわけで、18日から24日まで実施されたAmazon公式セールの感想&反省会的なものを。

まずは結果なんですが、概ね、毎日20冊強売れました。イメージとしては無料キャンペーン的なグラフ形といえばわかりやすいかもしれないです。
一方でKENPは極めて平常通り。期間中の平均はプラス200くらいでしたが、これは誤差の範囲と考えるべきかも。

タイトル別では、KDPnewsが「山彦」メインなのに新作「金色天化」が圧倒で、期間中売り上げのかなりの部分を占めました。1週間でKENPも1万近く稼ぎ、ページ数で圧倒する山彦統合版に肉薄するほど。
理由はわかりません。牛野さんの言うように著者セントラルの影響なのか、単純にセール前の勢いが増幅されたのが大きかったのか。

とまあこんな感じです。仮にこのセールがなければ無料キャンペーンとか独自の割引セールをやってたわけですけど、どっちが良かったのかは判断のしようがないです。
ただ、貴重な経験をさせてもらったし、Amazon担当者にはよくしてもらってありがたかった。この販売内容はちょっとコケてるんじゃない?と思わなくもないですけど。
ラベル:Kindle KDP
posted by ヤマダマコト at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

勝手にKDP本レビュー★39くみた柑「七月、きみのとなりに」

久しぶりのKDP本レビューは、くみた柑さんの「七月、きみのとなりに」。取材待ちの寒空の下で季節はずれの七夕ラブストーリーをチョイスするあたりがまた、あれっすな。
というか、かなり前にゲットしたんですが、忙しくて手をつけてなかったんであります。
ちなみに私は健全な女子ではなくロクな青春を送っていない卑屈なおっさんなので、かなりひねくれた感想になるかと思います。

ストーリーは高校生を中心にしたラブストーリーでして、佳織と未侑の二人の女の子と、それぞれに思いを寄せる、あるいは寄せられるイケてる男たちが出てくる物語。他にもいい味出してるキャラが何人か。
みんなピュアで全然ドロドロしてないけれど、シチュエーションは多彩でよく詰め込んだなと感心しました。そこらへんは読んでからのお楽しみ。
私はその昔、ケータイ小説で中高生の女の子の小説を読む機会があり、感想を求められたりしたんだけど、全然クオリティが違いますよね。文章はもちろんですが、登場人物の繋がりとか面白かった。実はストーリーも凝っている。当時のアレと同列で論じてはいけない作品だなと。
んで恋愛小説としてみた場合、キモになる心理描写も丁寧だし、変にひねった表現もなくて、素直に共感できる感じ。みんな途方もなく一途な人ばっかりだし。
〆もすごく綺麗で、佳織の最後らへんはベタだけど勢いでもっていった感がすごく好き。基本的には、シンプルでストレートな展開だけど、佳織と未侑の母親の会話とか随所に間を取って進行するのもいい感じ。
多分、女子はこういうストーリー好きだろうなーと。どちらかというと中学くらいの女の子が読むとすごいハマるんではないでしょうか。
もう、すごいピュア。おっさんの居場所がないくらいピュア。

個人的には、もしも私が書くとしたら、もう少しテンポを遅くして、余韻や描写、間を取るシーンを増やすと思うんですが、実際に読んでみると、これも高校生の物語らしくていいのかな、と思ったり。あの年頃って、季節感とかより、むしろ喜怒哀楽と欲望の赴くままに突っ走るものだし、かえって一途で盲目な感じが出ているかもしれない。でも、麻生センセのパートだけテンポを変えたりしたらさらに面白い予感がしました。
あと、タイトルもそうだけど七夕祭りがモチーフっぽいので、もっとクドいくらい前面に出しても良かったかも。恋愛小説の場合、そういう個性はすごく大事だし、絵的に綺麗だと思うんですよね。その辺は、くみたさん自身が絵を描ける人なんで、多分、私なんかより分かってるだろうし、分かった上での作品なんでしょうけど。



というか視点が章ごとに変わり、さらに回想で時間軸が飛びまくる割に不思議とリーダビリティが保持されてるのが何気に凄いなと思いました。
posted by ヤマダマコト at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする