2017年05月10日

新作「ユイカ」出ました

ようやく新作「ユイカ」のリリースが完了しました。
内容は何度か書いた通り、ちょっとグロ多めなサイコサスペンスものというか、私の中では国産モダンホラーにおける一つのテンプレート的な感じの作品で、もしかしたら目新しさに欠けるんじゃないか、という気もしないでもないんですけども。
今回、母子家庭のいびつなパワーバランス、というかエキセントリックな母親をお題に書いたわけですが、アイデアを思いついた時には、「これはいけるで」感が半端なかったんですよ。ただ、書き終わると、うーん。という感じ。プロットの練りこみが足りないというか、山彦の直後に書いたんですが、どこか惰性で進んで行く感じがするのが引っかかる。
なんというか、甲子園で輝いていた彼がプロでは中継ぎで敗戦処理やってるような感じ。ただ、冒頭のイジメのシーンとかは、自分でも気に入ってるし、絵的に満足してる部分も結構多いんですよね。
そういう意味では自作の中でも特異なポジションなんだろうなーと。
あと、途中で原作開発プロジェクト用の「風、めぐりくる」を挟んだりしましたけれど、思った以上に時間がかかりました。金色天化リリース時には8割できていたし、300枚程度の分量にもかかわらず。
もちろん、ゲームやプロ野球や本業に時間を奪われていたこともありますが、それ以上に苦労した感じがする。なんなんだろう。



そんなこんなでリリースしました。250円です。金曜夕方から無料キャンペーンやるので、よろしくお願いします。
にしてもKindle本で「ユイカ」で検索すると本仮屋ユイカの写真集がぞろぞろ出てくるのがなんとも。他のタイトルにすればよかった。
タグ:Amazon KDP ホラー
posted by ヤマダマコト at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする