2017年06月23日

山彦上巻の無料キャンペーンやってます

「山彦」上巻を久々に無料キャンペーンやってます。
特に意味はないです。昨夜、なんか他の人たちと話してて、KDPも人の入れ替わりが多いなーと思ったので挨拶がわりでもあるし、山彦の無料キャンペーンって、久しくやってない気がしたので。
もうリリースして2年経ちますが、今でもかなり読まれている人気作(自分の中では)ですし、今でも自分が1番自信がある作品でもあるし。

内容は、山の民「サンカ」をテーマに新潟の古史古伝を絡めたダークファンタジーというかモダンホラーです。
とにかくスケールの大きさがウリというか、ここまで取材したことは後にも先にもないと思います。



興味ある方は是非。
posted by ヤマダマコト at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

更新のための更新

ブログのネタがない。
本当に足りてないですよね。実はブログ更新頻度は本のセールスにほとんど影響してないというか、それでも何かやらなきゃなーとは思ってます。
ていうか、他のKDP関係者もあんまり更新してなくね?的な。
なんで、まあ、近況的な。
KDPでは守下さんのカドルステイト物語の第1部をようやく読み終わりそう。第1部でもボリューム満点。固有名詞とか多めなんで何度も読み返してる感じ。地名とか位置関係とか。
でも面白いので、そのうちシリーズ通しで読んだろうかとも思う。その辺は後日。

セールスについてはよくいえば安定、客観的には停滞してる感が半端ない。
面白いのは、「テーブルの上のスカイラーク」が好調で、山彦の分冊版1巻分のKENPやセールスを稼ぐようになったこと。金色天化のリリース後からそういう傾向はあったけど、どんどん伸びてるのが興味深い。卓球のスポーツとしての人気が向上してるせいかもしれない。
個人的には、思い入れのある長編だから、嬉しいし、いつか、卓球ものにもう一度チャレンジしたいです。今なら、同じテーマでもっとシンプルに言いたいことが伝えられる気がします。「スカイラーク・アゲイン」的な。
だけど仰々しく続編にするんじゃなくて、短編や中編にまとめて、他のメインになる小説のカップリングに添えるくらいが小粋で良いんじゃないかな、と。続編でありリメイクでもあり、スピンオフでもある不思議な感じにしたいけど、ずっと先の話になるんだろうなあ。



お、なんかきれいにまとまったんで、この辺で。アディオース
タグ:雑談 日記
posted by ヤマダマコト at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

このカップ焼きそばがすごい!2017「日清デカヤキまろやかソース焼きそば」

久しぶりのブログ更新。
今回は日清さんの「デカ焼きまろやかソース焼きそば」。デカ焼き自体は以前もレビューしましたが、新バリエーションっぽいのでひとつ。
要するに、このシリーズは日清版「ごつ盛り」ですよね。価格帯も一緒。安くて量がある。定番の方は、まんま仕様もごつ盛りと一緒。

IMG_5062.PNG

日清食品といえば、日本人なら誰もが知る即席麺のパイオニアであり、今でもカップヌードルやチキンラーメンは絶大なブランド。面白いCMをガシガシ作る大阪府民の誇りでもあります。
実際、麺を中心に基礎技術力も高く、その資本力もあり品質も目を見張るものがあるのは事実。
その一方で、マーケティング、特にブランド増殖戦略についてはエゲツないこともやっていて、競合ブランドの新商品に対しては、日清ブランドを前面に押し出してシェアを奪いにいくという、覇王気質も持ち合わせているメーカーでもあります。
赤緑どん兵衛もそうだし、「麺づくり」に対する「麺職人」もそう。北海道民のソウルフード「焼きそば弁当」に「キタヤキ」をぶつけるのもそう。「デカ王」もペヤング超大盛り潰しだと思われます。
要するに、後発でパクりつつ、企業体力と技術力、それにCM攻勢で市場を攻めるというジオン軍に対する連邦軍のような会社。あるいはPS時代のスクウェアみたいな。
特に東洋水産は何度も煮え湯を飲まされているのが不憫。
今回もまさにその一環ですよね。

この「まろやかソース焼きそば」は、マヨの代わりに、液体ソースとは別に青のり入り粉末ソースが入っているのがポイント。
イメージとしては、東洋水産の「昔ながらのソース焼きそば」でしょうか。ただ、食べてみると、もっとチープで、むしろ粉末ソースの「日清焼きそば」寄り。粉末ソースが同じタイプなのかも。かなり甘口です。
正直、麺については「ごつ盛り」の方が好き。これはチープ過ぎる気が。ただ、あんまりマヨ好きじゃないし、この甘さはアリだと思う。
決して評価はしないけど、良い商品だと。ごつ盛り並みのコスパでさっぱり食べられるし。



ただ、ごつ盛りの牙城を崩すのは無理っぽい気が。
posted by ヤマダマコト at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする