2017年10月31日

勝手にKDP本レビュー★51王木亡一朗「LOST IN CONVERSATION(ロスト・イン・カンヴァセイション)」

そういえば、結構前に読み終わっていたけど、レビュー書いてなかった本があったので。
王木亡一朗さんの「LOST IN CONVERSATION(ロスト・イン・カンヴァセイション)」です。
先に結論から言うと、昨年夏以降に読んだセルパブ本の中ではぶっちぎりで良い作品だと思ったし、これまでのセルパブ本の中でもすごく好み。

王木亡一朗という人物について、リアルで会ったことがないので、イケメンかどうかは分からない。年も離れてはいる。でも、同郷の人間で、同じまち、おそらく同じ風景を見て育った人間ということもあり、作品舞台だけでなく、どこかフレーズだったり表現だったりに「わかる」部分があったりする。
で、作品も全てではないですが、だいたい読んでいるわけです。やっぱり気になるし。
王木さんといえば、自作の表紙やタイトルからほとばしるセンスはひとまず置いておいて、その中身については、意外と堅実な作風というか、そこまで先鋭的な印象はなかったんですよ。今までは。
例えば比較的古い「ブッダブッダブッダ‼︎‼︎‼︎」は、女子高生のバンド活動というテーマで書かれたテンポの良い作品で、クオリティも安定した青春小説でした。しかし、繊細で軽やかな作風とは裏腹に、モチーフや表現の鮮度という点ではやや弱かった。他の作品もそういう傾向があって、私がKDPに参入した頃、王木さんの作風の印象って、私ほどではないにせよ「すごく保守的」だったんですよ。良し悪しの問題ではなく、そういう作品を好む人なのだろうと思ってたんですよ。ぶっちゃけ。
ただ、この2年くらいでどんどん変わってきたんですよね。「ティアドロップ」とか「夏の魔物」の収録作のいくつかからどんどん変化していって、とうとう本作で突き抜けた感じがするんですよね。
そして、王木さんの作品の中でも一際評価の高い(ような気がする)「Our Numbered Days 」で個性を確立して、今回、そこから一足飛びで凄いものが出てきたなと。

で、本作なんですけれど、小学生の仲間たちが、夏休みのある事件をきっかけに大切なものを失うお話。それぞれが大人になってもその喪失感は拭えず、物理的にも精神的にも深い傷として残る中、それでもあがく物語。特に事件の鍵である相沢総一郎を中心に展開していきます。
ノワールっぽい重苦しい世界観もさることながら、複数の時間軸を順を追って、複数の人物から見せるダイナミックな構成がハマった感があります。特に一章から二章への繋がりは見事。個人的にはその二章がすごく好きで、静けさの中に緊張感を保ちつつ、なおかつ章のラストもいい。この部分だけで王木作品の最高傑作だろうと思う。
加えて、とにかく、仕掛けがうまく機能している。人称の使い分けも上手いし、特に一章の執拗な描写もすべて計算づくだと気づいた時には参った、としか言いようがなかったっす。全体を通じて丹念に描かれる喪失感は、エンタメの枠をこえて純文学的な重みがあります。ていうか、エンタメであることに対するこだわりがないのかもしれないな、と思いました。普通に考えればサスペンスやミステリの文脈で語られる物語だし、そこを意識した描写も散見されるんだけど、その割には「ユタカさん」とか、そっち系の描写は抑えめ。サスペンスであれば彼をメインにする方が自然なところを、むしろ、そっちはさらっと流して、メンバーそれぞれの事件後に焦点を当て、心理描写に軸足を置いているのが面白い。結果的に、その微妙な立ち位置がこの作品をオンリーワンにしている感じがする。
世界観が好み、という以上にそのバランス感に驚かされます。

気になるところもないわけじゃなくて、明らかに三章以降は書き急ぎ過ぎだし、ソウイチこと相沢総一郎がものすごく魅力的な一方で、彼以外のキャラクターについてはやや類型的な傾向があったりもする。つまるところ、もっとゆっくりと彼らの再生の物語を紡いだ方が良かった。どう考えても400枚とか500枚で収めていい作品じゃないと思うんです。
要するに、王木作品の中でも荒っぽい面も多いんだけど、それ以上の圧倒的な魅力があるのだと思います。
個人的には、この方向性でもっと突き詰めて欲しい気もする。これだけ重いテーマを軽やかに書き上げるのは、なかなかできないことだし。



とまあ、そんな感じです。長々書きましたが、それだけの作品だということ。
一方で、同郷の物書きとして、めちゃくちゃ悔しかったりもするんですけどね。同じようなアプローチでどうやれば上回れるのか、とかばっかり考えてるという。そもそも、似たようなアイデアがあったとしても、この方向性には進めないでしょうけど。
あんまり悔しくてスルーしたろうかとも思ったんですが、なんか色々と別件でリストアップするにあたり、ちゃんと書き残しておかないといけないだろうなと思い書いた次第であります。
以上。
ラベル:KDP Amazon ミステリ
posted by ヤマダマコト at 22:51| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

無料キャンペーン開始と次の作品の話

とりあえず「天化爛漫」の無料キャンペーン始まりました。昨日書いた通り、金色天化の続編ということで、興味のある方は是非是非。



それはそうとして、今は天化3作目の前に短編書いてます。それも2本同時にプロットを組むという。
1本目は、新潟の信濃川の民話「大助小助」をテーマにした現代劇。東北にも同じような民話が分布していますが、この時期に遡上する鮭の王様のお話ですね。すごく地方色があるし土着の雰囲気があるので、これをベースにダークなファンタジーを書きたいと思いました。
山彦以来、土着のテーマを求めるニーズがあったし、私も久しぶりにそういうのが書きたいな、と。ただ方言を使うかどうかは未定です。
タイトルは仮ですが「魚」で「いよ」と読ませようかと。イヨだけで新潟の方言として鮭の意味があるし、三面川のある山形よりの村上市では鮭を「イヨボヤ」と呼ぶんですね。イヨは魚、ボヤは王で。最初は「魚神」のつもりでしたが、すでに同名の本が出版されているようなので断念。
2本目は輪廻転生の物語ですが、かなり捻った感じ。20年くらい前に読んだ某少年マンガや某直木賞作家のアレと被りそうで被らず、最後はすごく童話的な感じのものになりそう。強いてあげるなら「明るい団地のナナコさん」みたいな。タイトルは未定です。
なんというか、鳥が主人公で、主要人物が猫だのネズミだの、割と私の中では新しいかもしれないん

どちらか原作開発プロジェクトに出せればと思っていましたが、テーマの「映画」にかすりもしないので普通にリリースします。年明けの早い時期に間に合わせられれば。
それにしても久しぶりに創作を楽しんでます。やっぱり天化っぽいのより、こういうのが好きなんだなと。
posted by ヤマダマコト at 18:30| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

新作「天化爛漫」リリース&無料キャンペーンやります!

というわけで新作「天化爛漫」をリリース、土曜日夕方から72時間無料キャンペーンをさせていただきます。
なんだかんだで前作「金色天化」からちょうど1年が経ちました。おかげさまで前作は私的に過去最大のヒット作品となり、なんとか「山彦の一発屋」イメージを回避できたように思います。

今回も、新潟県阿賀野市、水原商店街を拠点とする「化粧で人を操る」天化師ファミリーが怪事件を解決する物語となっております。舞台は加茂・田上。主に湯田上温泉界隈。
3作目との兼ね合いもあり、今回は単発の旅情ミステリテイストを意識しつつ、メインキャラクターには山彦で出てきた橿原さんが出てきたり色々やってます。
前作は次女のコガネ中心のストーリーで、今回は長女の綾乃にフォーカスしたつもりですが、ちょっと徹底できていないというか、なんだかんだで前作の流れでコガネ寄りになってしまったのは反省点かもしれない。

あと3作目のプロットも並行して作ったので、ふんだんに伏線を仕込むことができました。
どっちかというとラノベというより角川ホラー的なイメージが強い気がしないでもないですが、これはこれで良いかな、と思ってます。
ボリュームについては500枚ほどで少々控えめですが、その分、価格も抑えましたし、次作が大ボリュームになる予感なんで勘弁して欲しいです。
なお、前作のエピソードがちょいちょい出てきますが、基本的に致命的なネタバレはしていませんし、2作目から入っても全然問題ない仕上がりになっていると思います。



これを機に「金色天化」も読んでもらえれば幸いです。
ラベル:KU Amazon 新作 新潟
posted by ヤマダマコト at 21:31| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする