2018年10月10日

久しぶりの更新

すっかり久しぶりのブログ更新です。
完全に存在を忘れてましたわ。
本業が11月まで忙しいことに加えてセルパブ方面もいろいろ立て込んでるんですよね、珍しく。そんなにタイトなスケジュールではないんですが小さな仕事がいっぱい積まれているイメージ。まあ、ノベルジャムとか「このセルパブ」の関係者に比べたら暇なもんですけど。
さらにその後には恒例の年末進行が控えているけど11月上旬くらいは執筆に集中したいです。

そういえば、「このセルパブ」コラム執筆がようやく終わりました。大した内容じゃないけど、それでも2時間はかかっちゃうし。あとは投票もちゃんとした。10作選んだ。総評の欄が取材待ちの間に慌てて書いたものだから少し怪しげだけどご愛嬌。前回は「桜七」に申し訳ないことをしてしまったので、今回は再発防止のために気になる本はだいたいチェックした上で投票しました。結論から言うと、去年より粒ぞろいだった気がする。

んで新作はまずまずのペースです。タイトルは「ブルームーンのほとり」か「月の女神に、希望の歌を」のどちらか。作品の雰囲気的に前者かなと思うけど、ハーレクイン文庫に立ち向かうには後者の方がキャッチーな気がする。うーん、でも前者かなあ。どちらかと言えば。でも後者も捨てがたいです。あみだくじで決めても良いかもしれない。
内容は多分大丈夫。書いてる時は、とくに久しぶりの一人称パートがなんか10年前の自分に戻ったみたいな感じがして不安だったんですが、読み返したらしっかりドラマはできているので一安心。ちょうど前半の山場を書き終えたところです。元々、「魚(いよ)」のカップリングだった「はるかぜ」の別プランをベースにしたミステリ+ラブストーリーちょっとファンタジーみたいな作品だったんですが、よい意味で自分らしくない長編になってきたと思います。「ユイカ」はもちろん「テーブルの上のスカイラーク」とも違う感じ。
強いてあげるなら、「アサギマダラ」や「鳥葬」に近いかもしれない。あるいは「団地のナナコさん」とか。あんなファンタジーではないですが、侘しさというか、どこか渇いた静かな雰囲気というか。ただ長編なんで読み終わって納得してもらえるものにしないといけないな、と思ってます。短編と長編では違うんですよね。長編は、とくに読後感が重要な予感が。

あと、その新作の執筆がキリのよいところまで来たので、ぼちぼち以前に話した隙間社プレゼンツのリミックス本用の原稿を仕上げて納品してしまおうかと思っています。そっちの方が早くリリースされるはずなので期待して欲しいです。今年は他に短編書いてないですし。
ラベル:新作 Amazon KDP
posted by ヤマダマコト at 22:39| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする