2018年12月23日

クリスマスでございます。

世間はメリークリスマスですが、私は何も変わらず仕事やってます。ヤマダです。
にしても内海の流出はショックでござんしたね。確かに先発は比較的手厚いし、純粋にチーム構成のみを考えればプロテクトが微妙なところですが、まさか、こういう日が来るとは思わなかった。

のっけからそんな感じの話題ですが、どうでも良いけど最近はコンビニのますのすしにハマってます。本当は富山行ってオリジナル食べたいけど、そんな暇ないし、デパートの駅弁フェアとか今もやってるのかな?
そんな感じなのでコンビニのバッタもんで我慢。個人的にローソンのやつが好きですね。ちゃんと酢漬け感が出てるし、独特のウェット感がいい感じ。ただ味がちょい濃いめなのと、なんでかわからないけどシャリが水っぽくてゆるい時があるのが気になる。これは製造業者の差なのかしら。一応、押し寿司という設定なんだから、そこは先にシャリだけしっかり成型するくらいできないものかと。
あと、たまによそのコンビニやスーパーでガリ挟んでるのとか見かけるけど、あれは邪道な気がする。

ていうかアレね。雑談もこういう感じなら色々書けるかも。来年はこんな感じのゆるいブログにしようかしら。なんかブログって「一般人の日記なんか誰が読むか」っていう空気があるけど、それでも小説の話題の合間になにもないより、なんかあった方がマシな気がするし、こちらも頑張ってる気分になれるし。

小説の話も一応。
来年リリース予定の「勇魚神(いさながみ)」のプロットは大詰めを迎えています。どうにか年内に終わる気がする。ストーリーは悪くないと思います。この手のファンタジーはストーリーとリアリティがキモだと思うんですが、ストーリーはどうにかなる。問題はリアリティではないかと。「山彦」では、クドイくらい各地の伝承や山村、行政の描写をぶち込んだし、「天化シリーズ」の警察描写もそう。とにかく現実との地続きな感じがすごい大事だと思っています。さらっとリアルを書ける才能は私にはないので、こうせざるをえないというか。
今回、気をつけないといけないのはプロットに出てこない部分。前半は小学校の空気感、後半は大人たちに対する目線とか、そういうものを丹念に描いていかないとただのラノベのできそこないみたいなものになってしまうだろうと。もちろん地域の空気感や時代の雰囲気みたいなものも重要ですが、それだけでは片手落ちだと思うんですよね。
無駄に長いとかテンポが悪いとか、いつも言われてることですが、もちろん意識はしますけどだからと言って省くわけにもいかないだろうけど。そこら辺、少ないセンテンスでいかに空気を表現できるかも重要かもしれない。
おそらく来春にはそれを書くであろう自分にそんなことを言い聞かせつつ、忘れないようにメモを残すつつみたいな。

そんなこんなで次が今年の総括的なネタになるのかな。
ラベル:Amazon 新作
posted by ヤマダマコト at 17:39| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする