2019年01月25日

このセルパブ2019出たってよ

そういえば、「このおっパブ」じゃなかった、「このセルパブ」こと「このセルフパブリッシングがすごい!」の2019年度版がリリースされた模様です。
恒例の投票形式のランキングやら寄稿で、それぞれがおすすめのセルパブ本を披露しあうガイドブック的なものです。
今回、私は少し距離を置いたんですが、それでもちらほら取り上げてくれる人がいて嬉しい限りです。謝謝!
割とセルパブ周辺では様々な企画が現れては消える中で、なんだかんだで3回目ですしスゲーなと。編集長お疲れ様でした。

ちなみに私の投票はあんな感じです。「どうせヤマダはブログでレビューしたものに投票するんでしょ」と言ってる方がいると耳にしたので、しばらくレビュー自粛して手の内を隠してみました。なんとなく。なんというか投票に影響与えたくなかったこともあります。
投票作も気が向いたらレビューするかもですけどね。特に私以外チェックしていなさそうな作品とか。
今回は、とくに夏以降に面白い本が増えてきたから、本当に選ぶの苦労しました。ちなみに次点だと「病まない病」、「ひつじと黄色い消しゴム」あたり。逆に私の好きなエンタメ長編は点数的には以外と出てこなかったのが残念。

あと、コラムの方も、まあ最後かもと聞いてたし、平成も終わるし。ああいう感じで。
黎明期の作品を読んでない方が増えてきた気がするし。その辺の魅力もアピールしたかったんです。

だいたい目を通したんですが、ランキングを含めて、今までよりエンタメ色が薄めというか文芸部的な雰囲気が強くなった印象があります。そもそも私の投票もそんな感じだったし、今年はそういう年だったんだろうなと。これはこれで感慨深いです。こう世代交代的なものを感じてみたり。あとはセールスに反映されていけば良いなあと思います。やっぱり多様性は重要だと思うんですよ。確かにKDPはじめセルパブは、いわゆる「なろう」や「カクヨム」より懐が深くて、みんな好き勝手なジャンルを攻めてるのが最大の魅力だと思うんですが、それでもSFやラノベ、純文学の3つに偏りがちなのは否定できないと思うんです。そういう意味で、今回は不条理系やら青春ものやらラブストーリーにコメディとバラエティに富んでいて面白かった。良くも悪くも「綺麗なランキング」だなと。



とりあえず無料だそうなので興味のある方は是非。
ラベル:セルパブ Amazon
posted by ヤマダマコト at 12:21| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

更新がないときは概ね順調なもよう

久しぶりの更新です。色々読書もしてるんですが、その辺は後ほど。噂の直木賞のアレも99円で買ったからそのうち読みたいし。KDP本も溜まってるし。

とりあえず新作「月の女神に、祈りの歌を」改め「月の女神に、希望の歌を」はだいたい完了しました。あとは表紙が上がってきたら、最後にチェックしてリリースします。すでに表紙もラフまで進んでるので順調です。
ストーリーについては後日ゆっくり。あと予定価格は290円でいきたいです。バランス調整の段階で少し分量が増えたことによるものです。タイトルの見直しもその辺が理由です。

んで、今は次の短編の執筆を進めています。すでに昨年のうちに2本分のプロットを用意していたんですけど、ふと書いてみたいアイデアを思いついたので3本目プロットを用意していたんですが分量的に今回発表するのは難しそうです。「鳥葬U」という5周年っぽいタイトルだったんですが、ちょっと後回しにしようと思います。価格的にも、短編はなるべく安く抑えたい気もするし。
なんで、予定通りに2本を仕上げていこうと。なんというか論語で言う所の「行不由径」というか、まずはやるべきことをしっかりやっていこうと。
ラベル:Amazon 新作 雑談
posted by ヤマダマコト at 19:05| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

特に書くことはないっす

気付けば正月から更新してなかったヤマダです。どもども。
あんまり話題もないですよね。正月休み明けはしれっと仕事しつつ今日まで来ちゃいました、みたいな。

小説については、個人的に初の恋愛小説と言えなくもない「月の女神に、祈りの歌を」の推敲を進めてます。昨年秋に初稿が上がった直後、全体的にかなり手を入れたおかげで随分とバランスは取れたと思います。初稿はアイデア勝負の出オチなイメージでしたが、ちゃんとミステリ要素に負けないラブストーリー感は入ってる。Intelは入ってない。これならラブストーリー大賞にリベンジしても良くない?と一瞬思うほどちゃんとやってる。若干、エンタメ分が多すぎる気がするんだけど、これは意識的にやってる部分もあるので問題なし。
とはいえ、通しで読んだ時には、盛り上がりのピークが全体の45%できちゃってたりするので、まだまだバランス調整が必要だな、と。ミステリだとしてもラブストーリーだとしても、この筋はあんまり好ましくないと思うし。そういう意味で、もうしばらく推敲が続きそうな予感です。オチを変えるか。

それと並行して「勇魚神」のプロットも随時手を入れています。こっちは、本当に読めないですね。45万字程度で収まってくれるのかどうか。さすがにそれ以上になると年内リリースが心配になってくるし、こちらも困っちゃうんですけどね。でも妥協はしたくないし。

ていうか、それくらいしかないっす。
セールスについては、悪くないけどピリッとしない。ハヤカワさんの殺意をひしひしと感じる今日この頃です。以上。
ラベル:Amazon 雑談 新作
posted by ヤマダマコト at 21:19| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする