2019年03月26日

PrimeReadingに「天化爛漫」が追加されました。今回は3作品

というわけで、アマゾンさんのプライム会員限定の無料読み放題サービス「PrimeReading」に天化シリーズ第2弾の「天化爛漫」が追加されました。



天化シリーズは、中世からほそぼそ続く化粧を使った秘術「天化」を使う卜部家の面々が活躍する軽めのエンタメ小説です。その中でも本作は、春の田上町を舞台に怪事件に挑むホラーテイストの入った作品で、この時期にぴったりなので是非是非。田上町では梅も見頃だそうですし行楽のお供にも。

「と言っても、2作目からじゃ手を出しにくいよなあ」と言う紳士淑女のために、今回は1作目の「金色天化」も対象ですのでご心配なく!
ついでに自身の現段階での代表作とも言える山の民「サンカ」をテーマにした重厚な伝奇モダンホラー「山彦」もプライム会員は無料で読めちゃいます。ああ、なんてこった。
いずれも期間限定ですのでご注意を。夏とかまでは全然大丈夫だと思うけど。




あと、今回は私以外にもKDPから魅力的な作品が追加されていて、初選出で面白いのはこちら。
我らが丸木戸サキさんのタロット小説の合本版。



丸木戸さんの実力は折り紙つきで、良い匂いがしそうな文章に目を通すだけでコカイン級の快楽が得られる作家さんです。タロット小説は1冊しか読んでないけど、個人的に気になる。

ちなみに私の作品については、今回挙げたものも含めすべてアマゾンの月額定額制の読み放題サービス「KindleUnlimited」対象なので利用者はいつでも無料で読めちゃいます。今はちょっとお得だそうなので、そちらも是非。
ラベル:Amazon KDP Kindle
posted by ヤマダマコト at 11:59| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

短信

仕事の合間に時間ができたので短信。

小説に関しては「勇魚神」のプロットをいじりつつ短編を書いてます。短編の方は3本目の「鳥葬U」が3割書けたあたり。そろそろ大詰めなんだろうと思います。こっちは以前から検討していた表紙の外注を決めました。今回は、単純に私の労力を省くことが全てで、今ひとつ表紙のイメージもまとまらず、イラストを描く方にほぼお任せというか丸投げというか。CDアルバムのジャケみたいに本のタイトルとざっくり雰囲気伝えるだけというか。前回の「月の女神に、希望の歌を」も概ねお任せで上手くいったので味をしめている感もあります。
実は「勇魚神」の方も別な方にお願いだけはしているのですが、こちらは逆に表紙についていろいろ新しい試みがあったり、動くお金も大きそうだったりなので、いろいろ二人三脚な感じになりそう。全幅の信頼を置いている方なんでまったく心配はないですけど。

「勇魚神」については、極力年内に第1部くらいはリリースしたいです。今までの分冊と違ってリリース間隔に4週くらいは要るだろうと考えています。未知の物量なんで読めない部分が多くてわからないですが、それくらいはできるだろうとは思うんですけどね。いずれにせよ年をまたぐ可能性が出てきたなと。
なんで、そこから逆算して短編集「青春Spooky!」は7月末に出す予定でいます。表題作が長岡まつりの時期なんでそのくらいがベストかなあと。
加えて、そこまで間を持たせるためにも、無料キャンペーン以外のテコ入れも考えています。ささやかですが、一応5周年記念的なやつです。こっちは6月くらいかなと。もしかしたら7月にずれ込むかもしれない。
それまでは、水面下での仕事ばかりなんで表向きは静かな予感。プライムなアレとかあるかもですが、それは私の及ぶところではないのでわからないですし。なんかあれば、それに合わせて動く感じかなあ。
posted by ヤマダマコト at 08:46| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

雑談などなど

とりあえず更新。
執筆についてはちょっと遅れ気味。今年は統一地方選ということで本業が忙しいのです。
予定している本に短編を1本追加することもあり、ちょっと予定の遅れが目立ってきましたが、それでも、着実に進んでるのは間違いです。
ちょうど2本目の「天使の休日」が終わり、最後に追加した「鳥葬U」に取り掛かろうかな、という感じです。ただプロットの練り直しからなので多少の時間は要する模様です。ボリュームが思ったより大きいなあ、と。
2週間の遅れを取り戻すため、それに1本追加である程度の採算性も改善できそうなので表紙の外注も視野に入れています。

長編「勇魚神」は4月以降に着手かも。ボリュームもさることながら表紙も含めて新しい試みが多いので、早めに取り掛かりたいのですが、こればっかりはしゃーない。
実際、読めないのですが場合によっては年跨いでのリリースもあるかも。せめて第1部だけでも年内に出すつもりですけど。

一方、既存作のテコ入れも色々進んでいます。まだ発表できませんが、こう、ね。色々やってます。そういうこともしないと今年はなかなかしんどいのではないかと。
あとはプロモーションの面でも、他の人がやってこなかった部分でトライしてみたり。うまくいくかわからないけど、それもノウハウの蓄積だろうと考えています。

なんていうか、そんな感じで真面目にセルパブに取り組むのはやっぱりしんどいですよ。小説のことだけ考えれば良いんじゃなくて、全然関係ないところで雑務が多くなってくるし、色々不安になるし、サラリーマンには荷が重い。ただでさえ田舎ならではの地域活動も多いのに。
それに、このブログももうちょっと手を加えてやりたいんですけどね。でも大事なのは定期的に更新し続けることだと思うし、今はそれ以上のことをする余裕はないような気もするし。

そうそう、先日から始めましたが、KDP本のレビューも少しずつ再開しました。
ただ、前と違って「このセルパブ」が定着してきたし、他にもレビューする方が出てきたようなので、差別化というわけではないですが、何かテーマを絞った取り上げ方を考えにゃいかんな、と思っています。切り口をちょっと変えていきたいっすね。
合わせて商業やら小説以外のコンテンツにも広げた方がアクセス増えそうだし、セルパブの露出も増えていくんじゃないかと思ったり。さすがに最近は「健康大好きおじさん」だから、もうカップ焼そばはやめておきます。焼そば評論家としてマツコさんの番組に出る夢も断念しました。
というか、10年前は「俺は健康なんて気にせずロックに生きるぜ」的だったし、健康に気を使い筋トレに精を出す先輩方を醒めた目で見ていたわけですが、40歳を迎えるにあたり、ようやく理解できました。健康はめっさ大事です。食事も運動ももちろん睡眠もそうだし、なんなら自主的に健康診断行こうかと考えるくらい。



あと新作「月の女神に、希望の歌を」のセールスが思った以上に好調で嬉しいです。実際、今回は「SF・ホラー・ファンタジー」のカテゴリーをあえて外したんですが、それでコケるんじゃないかという心配もどこかにあったんですよ。実際、リリース当時の「テーブルの上のスカイラーク」がそうでしたし。
その中で「ロマンス」というカテゴリーで結果を残せたのは良かった。「団地のナナコさん」を投入して地ならしをしつつ、良い感じで入っていけたなと思います。
もちろんロングテールで売ってなんぼの世界なんで初動は重要ではないし、ストア利用者の増加もありますが率直にありがたいです。
無料でも有料でも読んでくださった方に感謝!
ラベル:Amazon 短編 新作
posted by ヤマダマコト at 13:41| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする