2019年03月12日

竹中由浩さんの「フィッシングライター陽子」感想

気まぐれでKDP本レビュー。本職のフィッシングライターの竹中由浩さんの書いた「フィッシングライター陽子」ですね。竹中さんはリールをテーマにしたエッセイやら色々KDPでリリースする中で、何気に小説も面白いんですよ。「ユキ」、「アキ」とか。もちろん私が釣り好きなせいもあるけれど、物語としても出来がいい。
にもかかわらず、このあいだの「このセルパブ」でもあんまり目立たなかった。しれっと投票したんですけどね。やっぱり文学青年に釣り好きは少ないのでしょうか。
作品の面白さももちろん、こういうワンテーマで強い作家ってすごく魅力的だと思うんですけどね。



本作は短編連作で、フリーのフィッシングライターである小久保陽子さんが、釣り人との交流を通して釣りそのものの魅力に加え、昨今の釣りや河川を巡る社会問題を取り上げていく物語。なんつーか「美味しんぼ」方式?
全部で5話なんですけど、バス釣りの是非から果ては政府の公共事業に対する問題など、何かを声高に叫ぶわけでもなく、陽子とその周囲の人間たちのドラマの中で淡々と描いていくんです。5話全体を通して物語もしっかり動いていくんですよ。問題提起だけでなく純粋にストーリーとして良い感じ。
さすがに本職だけあって読み応えもあるし楽しい。もう少し陽子が物語を通じて変化していくいうなシチュエーションも見たかったけど、今後もシリーズ展開するなら、これはこれで良いのかな、とも思いました。

竹中さんの作品のもう一つの魅力が軽い読み口なんですよね。どうしても気取った言い回しを使いがちなジャンルなんですが、すごく読みやすい。普段、ライトノベルメインの人もすっと入れる軽さは良いと思います。この軽さと、独特の小ネタのはさみ方が作者の味というか、世代とか個人差はありそうだけど、私はアリだと思う。出てくるタレント名の半分は理解できなかったけど。あと、マンガの原作にも良さそうだな、と。ああ、でもハードボイルド釣り小説とかも読んでみたいかもしれない。


あと余談ですが、竹中さんがツイッターにアップする釣果を見るとそわそわする。私は渓流釣りに関しては、あんまりやったことはないんだけど、山に入るのは好きだし、仕事で山奥に行くと、どうしても沢を覗きこんでしまう。
もう少し時間があれば出かけるのに。
posted by ヤマダマコト at 09:53| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

3月になりました

特に何もないけど3月になったので更新。
次の短編については色々悩んだんですが1本追加して3本立てでいこうかと思っています。
本のタイトルは「青春SPOOKY!」で、収録は「青春スプーキー」、「天使の休日(仮題)」に加え、「鳥葬U」を追加しようと思っています。
その理由は、2本だけだとセールス的に少し弱い気がしたからです。書いていて割と地味なので目を引くタイトルを追加したかった。そこで、寝かせていたプロットの中でも、反響が大きそうというか希望の多かった「鳥葬」と同じモチーフの作品を入れようと思いました。
直接的な続編ではないですが、傀儡師が出てくるやつです。初期案の一つだったんですよ、実は。ただ、オリジナルのリリース時はインフルエンザでダウンしたおかげで、あんまり心身も時間も余裕がなくて、もっとも書きやすく手堅くまとめられる案を採用した覚えがあります。で、今回、もう一つを出そうと。そもそも着想の原点がスピッツの「愛のことば」で、その歌詞「昔あった国の映画で 1度観たような道を行く」や強烈な世界観のPVから、オリジナルは旧ソ連ネタが出てきたりしたんですが、今回もそんな雰囲気の作品になるんじゃないかと思います。
ちなみに「鳥葬」のオリジナルはこちら「怪物少女フォーエヴァー」に収録。



新作の価格は3作合計10万字程度で250円、ボリュームも価格も「ユイカ」と同等かなと。なんというか、もともと短編は2本100円くらいが理想だと思ってたんですけどね。2万字くらいのを2本入れて。マーケティング的なフロントドア商品というか、いきなり「山彦」に460円払う人はあんまりいないだろうと思ってたんです。
でも現実はそうでもなくて、むしろ「山彦」がフロントドアになってるんですよね。「山彦」が気に入って他を読んでくれる。その中でも短編は優先順位が低い傾向があるんです。これは予想外でした。kindleストアユーザーのニーズが、こちらのイメージと全然違うんだな、と。
なんで、そこまで低価格にこだわるより商品の魅力を高める方が良いのではないかと思い3本立てにしようと思いました。
どのみち執筆中の感じでは2本180円以下で販売が難しいボリュームになりそうだったし、だったらニーズのある1本を追加して250円にまとめた方が割安感が出そうだなと。実入りも大きいし。
加えて、この単価なら表紙の外注もできるのが大きいっす。結果的に商品力がさらに上げられるという。
執筆自体は3月中に終わりますが、リリースは夏頃を予定しています。それは次の作品とのリリース間隔の兼ね合いによるものです。
この変更により若干年内のスケジュールに遅れが出てきますが、やむを得ないと思うし、結果的により良い本が出せるのなら悪いことでもないだろうと思います。
ことしの目玉だった「勇魚神(いさながみ)」の年内リリース怪しくなってきましたが、こればっかりはしゃーない。その分、プロットをもっと練って完成度を高めていく方向で。

あと、ツイッターのDMについてどなたでも利用できるように試験的に開放しました。これは、人づてに「連絡したくても気後れする」という方がいらっしゃったと聞いたことによるものです。以前に表紙のイラストレーターを探していたときも「本当はやりたかったけどリプライは恥ずかしい」という話も直接聞いていたこともありましたし。
特に問題がなければこのまま開放しておくので、何か質問やご依頼があれば気軽にどうぞ、アカン奴はそれなりに対処させていただきますが、まあ、そんな心配はしていないです。
posted by ヤマダマコト at 22:14| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする