2019年08月27日

新作の進捗&表紙ラフ公開

久しぶりのブログ更新。
色々バタバタしていて、そこまで頭が回っていなかったんすね。すみません。
あと書くこともないやんけ、っていうか。

とりあえず新作「勇魚神」については、第2部がおおよそ9割書けました。全体を通しても6割は超えたはず。目標の8月末は微妙だし、そこから1週間程度の推敲を要しますが、それが終われば第3部に着手ということで、ほぼほぼ予定通りに進んでいます。
ていうか、「相変わらずの我がサラリーマン気質に乾杯!」みたいな。

表紙の方もイラスト担当してくださるRangerさんが、こっちが心配になるほど真剣に取り組んでくれて、ますますプレッシャーも上がってくるわけでございます。
Rangerさんについては、今さら紹介するのもアレですが、これまでもリニューアル版の「テーブルの上のスカイラーク」と「ヤルダバオートの聖域」を手がけてくださった方。今回は昨年の時点でこちらからアイデアを出して内々で頼んでたんですよね。

510A3815-C2E7-4FBD-9C46-7341628F184D.jpeg

で、これが第1部のラフでございます。人の作品なので書影以外をこちらで公開するのは消極的な方なのですが、今回は出来が良いし作品と分けて考えられないやつだし、そろそろ情報を出していきたかったので、本人の許可を得て公開してみました。

これ、地元民ならわかると思うんですが、現在の新津商店街の四つ角のところの交差点(かつて江戸っ子屋があったところ)から、我らが新津の摩天楼「ロイヤルコープ」を見たアングルなんですよ。
まさに仮タイトル時代の「新津ファンタジア」にふさわしいローカルにこだわった表紙で、ちゃんと第1部の雰囲気がよく出ています。
ていうか当初は、ジュブナイルということで今風の児童文学っぽい可愛い絵を描く方に頼むことも考えたんですが、私が密かに温めていた「写真の背景にイラストで人物を加える」という方向性で考えていった結果、1番それに合うのはRangerさんだろう、ということでお願いしました。絵の緻密さと人物のリアリティのバランスとか色々考えるとベストな判断だろうと思いました。
結果、写真をそのまま使うことはしませんでしたが、この奇妙な現実感はRangerさんに頼んでよかったな、と。空に浮かぶ鯨っぽい巨大生物も、実はかなり前にデザインしていただき、イラストのイメージが小説に入っているという。登場人物とかもそうです。

というわけで、年内に第1部リリースは宣言通りに達成できる可能性が濃厚になってきましたのでご安心を。



なお、Rangerさんが手がけた直近の表紙はこちら。
昨今の話題のクマが人を食いまくるパニックホラーっぽい小説です。
ラベル:進捗 Amazon 新作
posted by ヤマダマコト at 22:01| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする