2019年12月30日

ヤマダ氏、2019年を振り返る

さてさて今年最後の更新。
とりあえず総括的なアレです。
転職やら改元やら色々賑やかな1年でしたが、KDPについても色々ありました。
プライムリーディング対象から外れたり。そっちはもまあ、今のところ思ったほど影響がなくて一安心です。あとは開業届を提出して個人事業主になりましたとさ。これで晴れて兼業サラリーマンなんですが青色申告しんどそう。

そんな中で新作については2月に「月の女神に、希望の歌を」、7月に「青春SPOOKY!」リリースできました。



「月の女神に〜」については、「好きな人には分かってもらえるかも」と思いつつ私の作品の中では毛色の違う作風だし、決して派手じゃないし、ということで不安があった一方、きっと気に入る人もいるんじゃないか、というか気持ちで出してみました。今思えば、ケータイ小説出身の私らしい作品だったのかもしれない。なんとなく。
おかげ様でかなりヒットしてくれて、評価もすごく良くて嬉しいです。ちょっとシンプル過ぎるんじゃないか、とかボリューム足りないんじゃないか、とか心配していたんですが、そういう不満は少ないようで何よりです。
あと、なかしまさんの表紙が良かった。この作品については、初めからなかしまさんの表紙ありきの企画だったんですよ。他の人は考えられなかったんです。なんで、個人的にはなかしまさんの表紙で出せただけで満足という。



「青春〜」は、結構、リリースそのものを迷ったんですが、これまで毎年何かしら短編を発表したし、次の長編まで間が空くので思い切ってリリースしました。収録作品については、それまで温めていたネタを2つ用意していたんですが、なんかインパクトに欠けるので急遽、3作目に「鳥葬その2」を加え3本立て。表紙もなかすさんにお願いしました。急な依頼でもしっかり仕上げてくれてマジ感謝!
全体的にポップな表題作に比べ残り2作がダウナー系なのがアレですが、忙しい中でよくがんばったと思います。



この他、新作とは別に「天化」シリーズの表紙をリニューアルしました。KDP参入5周年記念の一環だったんですが、すごくポップな表紙になって良かったなあ、と。これも当初予定していたイラストレーターさんが体調不良でキャンセルになって、橘さんにお願いしたりとバタバタする中、こちらの無茶振りに応えていただき感謝です。やっぱり、うちの看板タイトルですし、リニューアルできて良かったです。

総じてそんな感じです。あとは昨年冬からずっと書いている「勇魚神」にかかりきりの1年だったなあ、と。その割にちゃんと新作出せたのは良かった。
あと、セルパブというかKDPを観測した感じだと、面白い人がいっぱい入ってきたし、BL系が盛り上がったりと賑やかだったなあ、と。ただ、それは毎年というか、何かしら新しく出てくる人はいるんですよね。でも、3年とか4年とか続けられる人があんまりいない気がするんですよ。
そういう意味で、どんどん面白い人が増えてほしいし、その中で腰を据えて続けられる人がいれば良いなあ、と願います。

以上。
それでは良いお年を。
posted by ヤマダマコト at 12:23| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

ヤマダ氏、スターウォーズ新作を観てくる

というわけで観てきました。スターウォーズEP9「スカイウォーカーの夜明け」。
なんつーか、レイア姫を演じたキャリー・フィッシャーの命日にシリーズ最終作を観るのも奇遇だな、と。年末、仕事納めの夜ということもあり結構混んでました。スケジュールの都合やらなにやらで4DXの吹き替えを鑑賞。

結論から言うと面白かったです。お正月の娯楽映画にはぴったり。
EP8の時もそうなんだけど、設定とかにこだわるファンの中には色々文句を言いたい人もいるかも。だけども個人的には、そんなものに縛られて先鋭化したりマンネリになるくらいなら自由にやって欲しい派なんで全然オッケーです。
フォース万能で全然良いと思うし、戦術核兵器並みの強さも全然アリだと思う。空間を超えて物をやりとりするのもヒーリングもばっちこい。
実際、観にきていた人たちほとんどがライトなファンという感じだったし、たまたま観にきたという人たちが予備知識なくても面白いと思える内容であるべきで、マニアに媚を売るべきじゃないと思うんですよね。

ネタバレ回避のためのあんまり言えないけれど、過去2作の伏線をなんとか回収しつつ、小ネタを上手く効かせて綺麗にまとめた印象があるし、EP8で明確になったテーマをちゃんと活かした感もあるし。詰め込みすぎなのは否めないけれども。
直球勝負の本格派というよりは技巧派ピッチャーみたいな映画でした。と言っても、相変わらずストーリーテーリングはガバガバだけどちゃんと綺麗にまとめようという意思は感じたし、これだけ詰め込んだ割には(シリーズ中では)良かったと思う。
ストーリーより世界観や雰囲気が重要なシリーズだしストーリーに突っ込むのは野暮としか言えない。
あのレンのつぎはぎメットがまさにシナリオ制作の苦労を物語っている気がする。あの辺は方向転換とかいろいろあったんだろうな、というか。
今回の3部作は総じてベストではないけど、まあ許容範囲というかEP1-EP3と同程度には面白いと思う。問題点のベクトルは違えどあっちはあっちでアレな部分があるし。

ただ、本作に限って悪く言えば「小粒」というかシリーズ完結作としてはラストがあっさりしすぎな気がする。もっとお祭りっぽく派手に締めくくっても良かったのになあ、という印象が強いです。
最後のあのシーンは、歴代のアレがアレして水の星に愛をこめたくなるような演出があっても良かっただろうし。ちょっと俗っぽいけど、スターウォーズってそれくらいやっても大丈夫なコンテンツだと思うんですよ。

あと、主人公のレイのコスチュームがダメだと思う。歴代ジェダイのデザインラインを女性向けにした感じなのかもだけど、なんかもっさりして見えるというか、もうちょっとシュッとできなかったのかな、と。もちろん白という色にジェダイとしての意味があって、キャラクターのアイコンとして特徴づけようとしているのは分かるけど、そもそもメインの女性キャラクターそんな多くないし、もっと普通のジャケットやスーツの方が良かったと思う。むしろ、そこが1番不満かも。

そんなこんなで次回が今年最後の更新になるとおもいます。ではでは。
posted by ヤマダマコト at 13:48| Comment(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

特にないけど

久しぶりの更新。swich版のパンツァードラグーンがいつまで待っても出てこなくてヤキモキするヤマダです。師走ということもあり、なんかバタバタしています。仕事はさして忙しくないけれど、やっぱりいつもと違う空気はありますね。無関係な業種でも世の中や取引先の影響は多かれ少なかれあるもんだな、と。

セルパブは特にネタがないです。本当に地道に作業を進めています。とりあえず正月休みの間に通しの推敲と表紙のタイトル入れを完了して、第一部の出版準備作業に入りたいです。
怖いのはインフルエンザとか大雪とかね。ノーモア綾鷹事件的な。そういうアクシデントさえなければ、バレンタイン頃にはストアに第一部が並んでいるはず。

年末年始は特に予定はないけれど、映画を積極的に見たりしてインプットもしておきたいです。KDP始めてからずっと書きっぱなしだったんで、少しずつ自分自身が硬直化している感じもしているし、ここらでリセットも悪くないのかな、と思っとります。
あとはスマホのドラクエ4とアビスアンドダークをだらだら遊ぼうかなあ、と。

とりあえず、次回は年末恒例の総括ネタかなあと思っています。今回も1年を締めくくるつもりです。今年は色々あったけど、セルパブについては、実は新作2作と表紙リニューアルくらいしかないんですよね。でも2回に分けるんだろうなあ。
ラベル:進捗 雑談
posted by ヤマダマコト at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする