2019年12月28日

ヤマダ氏、スターウォーズ新作を観てくる

というわけで観てきました。スターウォーズEP9「スカイウォーカーの夜明け」。
なんつーか、レイア姫を演じたキャリー・フィッシャーの命日にシリーズ最終作を観るのも奇遇だな、と。年末、仕事納めの夜ということもあり結構混んでました。スケジュールの都合やらなにやらで4DXの吹き替えを鑑賞。

結論から言うと面白かったです。お正月の娯楽映画にはぴったり。
EP8の時もそうなんだけど、設定とかにこだわるファンの中には色々文句を言いたい人もいるかも。だけども個人的には、そんなものに縛られて先鋭化したりマンネリになるくらいなら自由にやって欲しい派なんで全然オッケーです。
フォース万能で全然良いと思うし、戦術核兵器並みの強さも全然アリだと思う。空間を超えて物をやりとりするのもヒーリングもばっちこい。
実際、観にきていた人たちほとんどがライトなファンという感じだったし、たまたま観にきたという人たちが予備知識なくても面白いと思える内容であるべきで、マニアに媚を売るべきじゃないと思うんですよね。

ネタバレ回避のためのあんまり言えないけれど、過去2作の伏線をなんとか回収しつつ、小ネタを上手く効かせて綺麗にまとめた印象があるし、EP8で明確になったテーマをちゃんと活かした感もあるし。詰め込みすぎなのは否めないけれども。
直球勝負の本格派というよりは技巧派ピッチャーみたいな映画でした。と言っても、相変わらずストーリーテーリングはガバガバだけどちゃんと綺麗にまとめようという意思は感じたし、これだけ詰め込んだ割には(シリーズ中では)良かったと思う。
ストーリーより世界観や雰囲気が重要なシリーズだしストーリーに突っ込むのは野暮としか言えない。
あのレンのつぎはぎメットがまさにシナリオ制作の苦労を物語っている気がする。あの辺は方向転換とかいろいろあったんだろうな、というか。
今回の3部作は総じてベストではないけど、まあ許容範囲というかEP1-EP3と同程度には面白いと思う。問題点のベクトルは違えどあっちはあっちでアレな部分があるし。

ただ、本作に限って悪く言えば「小粒」というかシリーズ完結作としてはラストがあっさりしすぎな気がする。もっとお祭りっぽく派手に締めくくっても良かったのになあ、という印象が強いです。
最後のあのシーンは、歴代のアレがアレして水の星に愛をこめたくなるような演出があっても良かっただろうし。ちょっと俗っぽいけど、スターウォーズってそれくらいやっても大丈夫なコンテンツだと思うんですよ。

あと、主人公のレイのコスチュームがダメだと思う。歴代ジェダイのデザインラインを女性向けにした感じなのかもだけど、なんかもっさりして見えるというか、もうちょっとシュッとできなかったのかな、と。もちろん白という色にジェダイとしての意味があって、キャラクターのアイコンとして特徴づけようとしているのは分かるけど、そもそもメインの女性キャラクターそんな多くないし、もっと普通のジャケットやスーツの方が良かったと思う。むしろ、そこが1番不満かも。

そんなこんなで次回が今年最後の更新になるとおもいます。ではでは。
posted by ヤマダマコト at 13:48| Comment(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする