2020年02月21日

進捗とかロマサガとか阿賀北ノベルジャム発表会とか


とりあえず、ペヤングの「獄激辛」はあかんね。あれは危険。レビューしようと思いきや一口でギブ。きっと初瀬明生氏が仇をとってくれるはず。
ていうか、痛みさえこらえて一気に食べればいけるかもだけど、絶対に身体がやばいことになると思った。もう40のおっさんですから無理は禁物ですし。



なお、初瀬さんの新作はこちら。看取るつもりで買ってあげてください。

あと、ロマサガ3を購入。色々悩んでスマホ版です。操作性考えればスイッチ版かなあ、と思ってたんですが、今はゲーム機起動するのも面倒くさくなって、もういいや、っていう感じになったので。
操作がそれまでのスクエニさんのスマホ版リメイクと違うんで戸惑いましたが、これがなかなか良い感じだなと。あとドットの感じがスーファミっぽさを残していて素晴らしい。
ていうか、ロマサガ3とかドラクエ6とかスーファミ末期のゲームって、リアルタイムで遊んでないんですよね。FF5とかPCEの天外魔境2のあと「ゲームなんてダセエ」みたいな時期があったんですよ。中3くらいの頃。
だから、ロマサガ3は東京で一人暮らしを始めた頃に中古のスーファミとセットで新品の投げ売りされてたやつを買って遊んだんです。980円とか1480円とか。世の中的にはプレステ全盛期でFF8とかみんなが遊んでた頃だったと思います。
で、クリスマス頃に遊んでたものだから、今でも、このゲームには「冬」のイメージがあるんですよ。
だから、今回も当時バイトしていた吉祥寺のサンロードとか、あの辺のことを思い出して懐かしくなりました。
相変わらずゲームの進行めっちゃ遅いですがちまちま遊びたいです。

それと3月1日に新発田市で行われる地方文学賞「阿賀北ロマン賞」の関連イベントに顔を出します。来年の「阿賀北ノベルジャム」の発表もあるそうだし、講演会も私にぴったりのテーマだし。それにHON.jpの賛助会員だし、こういう企画を近くでやるなら顔を出しておきたいな、と。新潟でノベルジャムって凄いじゃん。あと、これから地域でブランディングを考える立場として色々な接点があればあるほど良いと思うんです。なんで逝ってみようと。年度末で新作リリースや確定申告が重なりきつい時期ではありますが、こういう機会は滅多にないですから。
https://www.keiwa-c.ac.jp/agakita2020
新発田は関東圏からのアクセスはしんどそうですが、まだ参加者募集してそうなので興味のある方は、こちらから是非。

あと、勇魚神の第3部については今週末にリリースして、来週の金曜から無料キャンペーンしようと思ってます。ようやく終わりが見えてきたなあ。
posted by ヤマダマコト at 12:46| Comment(0) | 新潟ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

勇魚神第2部無料キャンペーンやってます

さてさて、Twitterで告知しておりました新作「勇魚神」第2部の無料キャンペーンがいよいよ始まった模様です。きょう夕方から48時間ほどなので、欲しい方は是非是非。ていうか第2部からは290円もするし、この機会がお得でっせ、ぐへへ。



内容については、前に触れた通り。
1988年編的な意味合いが強いです。すごく趣味の世界というか、自分の子どもに向けて、「俺にも、お前さんと同じような経験をしてるんだぜ」というところを伝えたかった側面が多くあって、割と私小説的なエピソードもいくつかぶっ込んでいて、という。去年の「月の女神に、希望の歌を」からの流れなのかもしれません。そういうお年頃というか。
「団地のナナコさん」と舞台や年代が被るところがあって、共通のロケーションも多くあるんですよ。

それにしても久しぶりの新作ながら思った以上に動きは良いです。
おかげさまで第1部も第2部もセールスは好調でありがたいかぎり。第1部のリリース直後は動かなくて心配しましたが、無料キャンペーンから第2部リリースの流れで加速させられた感じです。
まあ、あとはやっぱり表紙の力も大きいですよね。今回はむちゃくちゃ凝ってますもん。地元の人でもすごくマニアックなロケーションですが、劇中の展開にぴったりで個人的にもめちゃくちゃ気に入っています。

ちなみに完結編となる第3部については、来週中にリリースできたら良いなあ、と思っています。今回は雑務多忙な上にボリュームも多いので時間が余計にかかっています。そちらもちゃんとキャンペーンやるので、是非、ぞの機会を利用していただければと思います。



そうそう第1部はこちらから。
posted by ヤマダマコト at 22:14| Comment(2) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

勇魚神第2部リリースしました。&無料キャンペーン告知

表題の通り、勇魚神第2部「モンキーストップ」をリリースしました。まあ、アレです。第1部の続きです。



今回、山彦と違って上中下にしなかった理由は、このパートだけ構成が全然違うし主人公も違うからです。第1部は2018年の少年少女の視点で描きましたが、今回は2018年に40過ぎのおっさんを主人公に、彼の1988年の回想を挟みながら進む流れ。おっさんの少年時代を描きつつ、2つの時代の新津を交互に見せることでまちの変化を描きたかったんですよね。
そう。まちが描きたかったんですよ。正直ストーリー的には重要ではないし、すっ飛ばして第3部いっても大丈夫かもしれないレベルです。
でも、下敷きとなる新津を描写した方が絶対に面白いし、そうでなければ、この作品を描く意味の3割は消えてしまうような気がしたんですよ。
同時に、私はこのパートが1番好きです。すごく自分らしいし、ジュブナイルをあまり意識せず自然体で書けたと思う。
Rangerさんの表紙も、これは迷わずオッケーが出た記憶があります。物語性も十分に感じられ、なにより第2部の哀愁を余すことなく表現できているんじゃないかと。
ちなみにロケ地は相当マニアックで、地元の人でもわからない気がしないでもない。本町の裏路地の方なんですけどね。

そんなこんなで、今回も無料キャンペーンやらせていただきます!
バレンタインデーの来週14日夕方から48時間です。今回は290円と高めなので、是非、この機会を利用していただければと思います。
posted by ヤマダマコト at 18:12| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする