2020年03月19日

ヤマダ氏、小説版「鉄人兵団」を読む

この本、たしか映画のリメイク版に合わせて出版されたと記憶しているんですよ。その時、近くの本屋で見かけて少し目を通して、結局買わなかったんですよね。理由は覚えていないけど。ただ、パラサイト・イヴの瀬名秀明が私の好きな劇場版ドラえもんをノベライズするということですごく興味深いし、いつかちゃんと読もうと思いつつ忘れていたんですよ。
そうしたら、拙作「勇魚神」のレコメンドに出てきて思わずKindle版を購入。よく考えれば、勇魚神はオリジナルの鉄人兵団の影響も少なからずあるわけだから、ちゃんとこちらが読んで欲しいジュブナイル好きに届いたということだろうし、読むきっかけができたのも嬉しかった。



というわけで感想ですが、実は瀬名さんの作品ってデビュー作のパラサイト・イヴの印象が強すぎて、わりと荒っぽいイメージがあったんですよ。で、久しぶりに読んだら随分こなれていて驚きました。あくまで小学校の高学年でも読めるようにしたのかもですが、すごく読みやすい。

内容は映画やコミックに概ね忠実で映画のリメイクよりもオリジナル寄りなんですが、こう小説ならではの良さがすごく出ているな、と。なんとなく「瀬名秀明のドラえもん」といえば、面倒くさいSF解釈がずらずら出てくるのかと思いきや、「SF作家」より「藤子不二雄ファン」の要素が勝って、良い塩梅に仕上がった印象です。
荒唐無稽な児童漫画を精緻な文章でしっかり再構築し、ちゃんと内面も描写したおかげで本格的なジュブナイル小説になっているのもすごい。とくに劇中では一瞬だった「一夜」の部分を丹念に描いて少年少女の内面を掘り下げるあたりは「分かってるね!」と思う。スネ夫の丁寧な描写もいい。土台がしっかりしているからリアリティがある。本当に好きなんでしょうね、ドラえもん。
一方でひみつ道具や四次元ポケットのSF解釈は「らしい」感じ。とくに、巨大ロボ「ザンダクロス」の人工知能にナノマシンによる自己修復機能は今風なだけじゃなくて、物語後半に良い意味で緊張感を与える仕掛けになっていて良かった。
あと、藤子不二雄他作品から来た2人についてはなかなか興味深い起用法だと思った。決して必要不可欠ではないけれど、単なるファンサービスだけ、というわけでもなくて、彼女らはリアルタイムでオリジナルを楽しんだ今の大人たちの代弁者というか、そういう存在なんだろう、と。
posted by ヤマダマコト at 12:41| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

意味もなく更新

近況ですか。
とりあえず、次の長編のプロットが一区切りしました。選挙がテーマなんですが、今までで1番スタティックな小説になりそうです。もちろん純文学とかではなくエンタメですし、こう、ドラマティックな部分も用意しますけれど、今までの作品と比べると細やかな感じがします。
誰も死なず、登場人物一人ひとりを大事に描きたいな、と思っています。災害も血が吹き出るような事件や事故もないです。幽霊も出ない。ミステリでもない。
KDP本では1番売れにくい、そして素人が書きたがる典型的なパターンにあえて挑戦したろうか、という感じでもあります。拙作でいえば「テーブルの上のスカイラーク」がそれに近いですが、それ以上に穏やかで地味でもあります。
でも、あの頃とはマーケットも私も変わったし、今回は上手くいくんじゃないかとも思っています。
とはいうものの、やっぱりギャンブル感は否めないっすよね。当たれば大きいけど当たる可能性は低め。リスキーな案件ですけど、でも、うちのラインナップには必要だし、何より、私もファンタジー疲れがあるので息抜き的に楽しんでいます。

そんなこんなで夏の終わりにはリリースしたいです。あと、KDPに関してはもう1冊、近々発表できるんじゃないかなあ、と。ニーズは少なさそうですけどね。

んで、小説以外の話だと最近はゲームとかもあんまりしないですね。PCEミニがめっちゃ欲しいけど、買ってもあんまり遊ばない気がするんですよね。ていうか、子どもがいる手前、親がゲームばっか遊んでいるのもどうかと思うし。
まあ、そんな感じです。
ラベル:雑談 セルパブ
posted by ヤマダマコト at 15:04| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

水谷広「セーブ→ロード→」が面白かった

久しぶりの読書感想文。なんつーかKDP本ですね。水谷広さんの「セーブ→ロード→」。



いじめられっ子の中学生がひょんなことから見つけたPCゲームが、自分の人生をRPG的にセーブ&ロードできちゃうという優れもの。そいつをタイムリープ的に駆使していく中で、とある少女に出会って、みたいな物語。
いわゆる「世にも不思議なアメージングストーリー」的な不条理系のモダンホラーっぽいんですが、すごく良くできていて面白かった。この作者さんはプロフィール見るに短編やSSの方が得意そうで、実際に文章の軽さやアイデアは短編向けなのかな、と思うんですが、喧嘩のシーンの繰り返しとか「間」や「余韻」もしっかりとれていて良かったです。
KDPも探せばまだまだ面白い人がいるなあ、と思いました。短編の「死にたいママと死にたいあたし」も良かった。なんていうか、初期の日本ホラー小説大賞受賞作っぽい味わいがあるんですよね。
こういう繰り返す系のネタって、どうしても単調になりがちなんですが、ちゃんと物語に動きを持たせられているので飽きることもなくて、よく考えてるんですよ、すごく。

でも、セーブ&ロードが起きたタイミングをセーブデータと共にもっと分かりやすくした方がスリリングになりそうな気がした。特に終盤の絶体絶命なところ。
あと、これは私の好みですが、最初のロードの瞬間とかもっと心理描写が濃い方が良かったかなあ、とも思いました。
完全に私の趣味ですけど。
というわけで、興味のある方は是非是非。
posted by ヤマダマコト at 12:31| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする