2020年03月19日

ヤマダ氏、小説版「鉄人兵団」を読む

この本、たしか映画のリメイク版に合わせて出版されたと記憶しているんですよ。その時、近くの本屋で見かけて少し目を通して、結局買わなかったんですよね。理由は覚えていないけど。ただ、パラサイト・イヴの瀬名秀明が私の好きな劇場版ドラえもんをノベライズするということですごく興味深いし、いつかちゃんと読もうと思いつつ忘れていたんですよ。
そうしたら、拙作「勇魚神」のレコメンドに出てきて思わずKindle版を購入。よく考えれば、勇魚神はオリジナルの鉄人兵団の影響も少なからずあるわけだから、ちゃんとこちらが読んで欲しいジュブナイル好きに届いたということだろうし、読むきっかけができたのも嬉しかった。



というわけで感想ですが、実は瀬名さんの作品ってデビュー作のパラサイト・イヴの印象が強すぎて、わりと荒っぽいイメージがあったんですよ。で、久しぶりに読んだら随分こなれていて驚きました。あくまで小学校の高学年でも読めるようにしたのかもですが、すごく読みやすい。

内容は映画やコミックに概ね忠実で映画のリメイクよりもオリジナル寄りなんですが、こう小説ならではの良さがすごく出ているな、と。なんとなく「瀬名秀明のドラえもん」といえば、面倒くさいSF解釈がずらずら出てくるのかと思いきや、「SF作家」より「藤子不二雄ファン」の要素が勝って、良い塩梅に仕上がった印象です。
荒唐無稽な児童漫画を精緻な文章でしっかり再構築し、ちゃんと内面も描写したおかげで本格的なジュブナイル小説になっているのもすごい。とくに劇中では一瞬だった「一夜」の部分を丹念に描いて少年少女の内面を掘り下げるあたりは「分かってるね!」と思う。スネ夫の丁寧な描写もいい。土台がしっかりしているからリアリティがある。本当に好きなんでしょうね、ドラえもん。
一方でひみつ道具や四次元ポケットのSF解釈は「らしい」感じ。とくに、巨大ロボ「ザンダクロス」の人工知能にナノマシンによる自己修復機能は今風なだけじゃなくて、物語後半に良い意味で緊張感を与える仕掛けになっていて良かった。
あと、藤子不二雄他作品から来た2人についてはなかなか興味深い起用法だと思った。決して必要不可欠ではないけれど、単なるファンサービスだけ、というわけでもなくて、彼女らはリアルタイムでオリジナルを楽しんだ今の大人たちの代弁者というか、そういう存在なんだろう、と。
posted by ヤマダマコト at 12:41| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする