2020年04月18日

短編全集2015-2019出ました

久しぶりの更新となりましたヤマダです。
にしても、緊急事態宣言が全国に拡大ですか。新潟県については感染者が多くない上にある程度、追跡がうまくいっているせいか、そこまで緊急事態という雰囲気ではないんですよね。学校とかは休校になりそうですけど。
仕事については変わりなく。私個人としては休んでもいいし休まなくてもいいな、と。割と外部とのやりとりも多くてリモートというわけにはいかないですし。

そんな中で表題の通り、以前から告知していた新潟文楽工房5周年企画の〆となる短編全集「STAR STORIES」をリリースさせていただきました。



この表紙については、「テーブルの上のスカイラーク」、「ヤルダバオートの聖域」、「勇魚神」をお願いしたRangerさんによるものです。これまでのイラストとかなり毛色が違うんですが、今回も勇魚神と同じく私の方でイメージについて色々方針を出させていただきました。テーマは「本のある風景」とかだったと思うんですが、「タイトルなど文字系をアルファベットとアラビア数字で統一して洋書風にしたい」という希望があったのでそういうリクエストを色々。アメリカのSF誌「Amazing Stories」の古き良き時代のやつみたいなレトロ感が欲しかったんですよ。
とにかく小ネタがいっぱいのクールな表紙で、私の作品のモチーフからペヤングまでいろいろあるという。
ちなみに一番目立つメカ魚は、私が、「新潟県立自然科学館のエントランスにある造形作家・井村隆さんのオブジェが好き」と伝えたから入れてくれたんだろうな、と。新潟の人なら分かると思います。あのオブジェというか、自然科学館そのものが子どものころからすごく好きで、SFとかファンタジーとかの空想の原点になっているんですよ。最近は小さい子の遠足コースになって通路に子どものお弁当スペースができたり、かつてのSF感とかデザイン的な美しさがどんどん失われているのは悲しいですが、それでもすごく好きな施設だったりします。プラネタリウムもあるし。

中身については事前のアナウンス通り、「ピーカブー!」、「怪物少女フォーエヴァー」、「風、めぐりくる」、「魚(いよ)」、「青春SPOOKY!」収録の10作に加え、隙間社レーベルから出たリミックス「MashUp! セルパブミックステープvol.1」で発表した2作品を追加。さらに同本でご一緒した隙間社さん、王木亡一朗さんも特別寄稿してくださり、5周年にふさわしいゴージャス仕様になったんじゃないかと思います。
基本的にこの本だけの新作などはありませんが、各作品について全部読み直して手を入れてあります。若干、リーダビリティを向上させたほか、印象的なフレーズを変えたりしているところもあるので作品によっては印象が違うかもしれない。
読み返して思うのは、「鳥葬」とか意外に頑張ってたな、とか。自分でもディテールは忘れていることが多くて、読んでみて気づくことが多かったです。やけに「川」が舞台になっているやつが多いとかね。

そんな感じで、興味がある方はぜひ。自宅にいる間に新潟気分を味わっていただければと思います。



なお、隙間社さんのリミックス本はこちらからよろしくです!
posted by ヤマダマコト at 15:51| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする