2020年08月04日

山田佳江「白昼のペンタクル」を読んだ

というわけで福岡のフォートナイターな方の山田さんの新作「白昼のペンタクル」を読みました新潟の方のヤマダです。

それにしても山田さんの小説って、いつも思うんですが、こう「現役感」が半端ないんですよね。言葉にするのが難しいんだけど、なんて言えば良いんだろう。登場人物は私と同じで10代20代なんですが、目線がキャラクターと一緒だったり、あるいは作品のテーマや題材、切り口とかすごく「今」を取り込んでくるというか。なんかギラギラしてる、っていうのも違うし。常にエッジの方を見ている、といえば良いんだろうか。

作品解説によると、「ゲーマーとギャルの少し不思議な青春SF小説」的な作品でしたがどちらかといえばファンタジー寄りな気がしました。流行りのセカイ系、とも違う気がする。
私は「ゲーマー」というフレーズから、なんか電脳世界でギャルアバターとなんか色々あるサイバーな感じかと思ったけど違った。まあ、ペンタクルですしね。
中盤までがボーイミーツガール的な感じで進むんだけど、世界の秘密と彼女の秘密が明らかになった時点で、実は全然違う意味を持ってくるんですよね。その展開はすごく面白かった。こう、日常の延長にある異世界とか古史古伝的なネタとかモロにフェイバリットな感じ。
高校生たちの物語かと思いきや、それだけではない広がりもあるし意外な展開に繋がっていく。世界線と時間軸が曖昧な物語でスケールがめっちゃでかい。
テンポがよくて読みやすいんだけど、逆に、設定が複雑で情報量が多い分、余計に集中力を要するというか、私はギリギリラインで読了できた感じで、これは気合を入れて一気に読んだ方が楽しいと思います。
キャラクター的には「ツナさん」というキャラが面白かった。ネットゲームがモチーフのエンタメではお約束なポジションなんだろうけど、微妙にセオリーを外しつつ一人称が「ワイ」なのが、なんか良い。



なんていうか、もっとこの世界に浸っていたいというか、倍の分量でストーリー展開をゆっくりにして個々のキャラクターを掘り下げたりしたら、より私の好みなんでしょうけどね。民族学的な設定も「もっとくれ!」みたいな。でも、それだと古臭いと思われそうだし、逆にこの疾走感が今風で、すごく山田さんらしい気もする。
posted by ヤマダマコト at 12:24| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする