2020年10月21日

ヤマダ氏、土田世紀「俺節」読了

色々あってAmazonのギフト券が余っていたので、Kindleで買った土田世紀の「俺節」。ようやく読了。仕事の休憩時間にちまちま読んでました。
実は途中までは読んでたんですよ。かなり昔ですね。新卒で入った会社で、入社3年目くらいで嫌になって、研修ばっくれてブックオフで立ち読みしたんです。ただ途中までしか店に置いてなくてそのままになっていたという。



いや面白かったですよ。すごく土田さんらしいなあ、というか。「編集王」や「俺のマイボール」もそうなんですが、題材との向き合い方というか、そこに人間ドラマを入れ込むバランス感覚はすごく好きです。どストレートなやり方なんですが、それで面白いものが描けるのはやっぱり良いよなあ、って思います。極道の描写は色々あれど綺麗な極道を描かせたらこの人は天下一品で、それだけで満足みたいなところはある。ものすごくベタな演出でも、この人が描くとカッコいいのも羨ましい。
グルメ漫画とかアイドル漫画とかも描いて欲しかった。つくづく惜しまれる才能だなあ、と。
もっともすべての作品が好きなわけではないんですよね。私が最初に読んだ土田作品は、アフタヌーンのやつでヤンキーとかラグビーの漫画だったんですよね。タイトル覚えていないけど、なんか凄いな、っていう感じで。絵とかカットとか本当に凄いんだけど、あんまり面白くなかった。中学生の頃じゃなかったかな。
あと「同じ月を見ている」以降の連載作はあまり好きじゃないんですよね。そもそも連載向きじゃない感じがしたし、どんどんパワーダウンしている感じがしたんですよ。なんか窮屈そうというか。「俺のマイボール」はとても上手だけどなんか違う。
そんな中で「俺節」は気にはなっていたけど優先順位の高い本ではなかったんですよね。そもそも漫画自体そんなに読まないし。

にしても今読むと「こういうのもありかな」と思いますが、これ30年くらい前の、本当に演歌業界がしんどかった時代の作品なんですよね。当時の感覚では凄いチャレンジだったんだろうなあ、と思います。普通に「東北の冴えない青年が歌で勝負しようと裸一貫で上京し、貧しいながら友情や青春を謳歌しつつ才能を見出されデビューする」だけではあまりにも捻りがなくてつまらないですしね。
そこに土田節というか「流し」やら「極道」やらが入ってきて、お家芸的な泥臭い人情ドラマがぶっこまれると唯一無二の作品になるんですよ。これが個性なんでしょう。
出てくる登場人物も正直ベッタベタなんですが、この絵柄と描写によって妙な迫力とリアリティが出てくる。ステレオタイプなんですけどね。でも全然そう感じさせないのが凄い。

ただ、やっぱり彼の連載物ならではの欠点もあって、特に中盤は、「出会う人間のイザコザに主人公のコージが巻き込まれる→コージの才能と根性で解決」のパターンが何度か繰り返されるんですが、それが退屈に感じました。
浜田山と寺泊のところはもっと簡潔にできた気がするし、マネージャーの唐名はそこまで掘り下げる必要を感じなかった。むしろ大物演歌歌手の北野と流しの大野、この作品における2人のマスターポジションの若かりし頃を掘り下げつつ、コージとオキナワとの対比をもっと描いて欲しかったなあ、というか、そこは消化不足な感じがした。
一方で、作曲家の今賀のエピソードからクライマックスへの疾走感はたまんなかったですね。面白かった。
やっぱり思うのは、土田世紀という人は凄い漫画家なんですが、既存の長期連載のフォーマットでは才能を発揮しきれないというか、こう、ほかの方法がなかったのかなあ、と考えてしまいますね。
といっても、これでも無茶苦茶面白い作品だったわけですけども。

まあアレです。なんだかんだでKindleストアがなければ最後まで読むこともなかったですし良い経験でした。
ラベル:Amazon 雑談 Kindle
posted by ヤマダマコト at 21:22| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする