2021年01月30日

近況。進捗やゲームの話とか

どもども。今年も確定申告が伸びそうと聞いたヤマダです。私は期間内に終わらせるつもりですが、延期してくれると混雑がなくなりそうでありがたい。まあ、e-taxだしあんまり関係ないんですけども。
2月入ったら預金出納帳の整理からがんばります!

とりあえず進捗。
海彦の初稿大詰めです。いつもの感じで終盤はカットバック祭りなんで、残りが読めないんですけどね。まあ、ぼちぼち。
この作品は推敲に相当な時間が掛かりそうなんで、ここからが本番な気もする。山彦もそうでしたしね。数ヶ月要しているし、今回は慣れない粟島の方言も多いので余計にそんな感じです。
とりあえず、バレンタイン頃には完了して、次作のプロットに入りたいです。
その頃にはPOD版の山彦も見えてきそう。あっちは私の手を離れているので、こちらではスケジュール管理とかどうにもならないという。まあ、あんまり心配はしてないですけどね。
その頃には雪もなくなって春なんだろうな。
ていうか冬をテーマにした作品はもっと書きたいですよね。リゾート的なものでも雪山でもなく、市井の人たちの物語。いつか。

ゲームについては相変わらずスマホでロマサガ3 、3DSでデビルサバイバー2ブレイクコードをやってます。
ロマサガ3は久しぶりで、バランスの無茶さとかシステムやシナリオ進行の不親切さとか色々思い出してきましたが、なんだかんだで面白いなあ、と。実際、改めて思うのは世界観とか大まかなプロットはすごく凝ってるんですよね。フリーシナリオのおかげで、すべてが唐突であんまり実感できないのが残念なんですけどね。そもそも、ストーリー無視してもとても面白いんでいいんですけど。
あとドラゴンルーラーさん、いい加減にヤリよこせ。
デビルサバイバー2については、1と違って今時のアニメっぽいというか3以降のペルソナっぽいというか、その雰囲気の変化が引っかかるというか、ペルソナより女神転生を求めてる私としては残念だし、今のところはシナリオも雑な感じがしてならないんですが、ゲーム部分のバランスとか戦略性は1より明らかにパワーアップしていて楽しいです。シナリオ周りは1の出来が良すぎてのかな、とも思います。
なんだかんだで2週目や追加ストーリーもやりたい。

にしても寒い日が続きます。雪の夜の散歩が地味に楽しいのですが、しもやけが辛い。




ラベル:雑談 進捗 ゲーム
posted by ヤマダマコト at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

書くことがねえ

ヤマダです。ホット綾鷹が美味しい季節になりました。冬の交通渋滞も熱い綾鷹をたくさん飲んで乗り越えたいものです。

というわけで近況。
特にないですけどね。なんだかんだで地味に書き続けてるし。正月はさすがにペースが落ちてましたけど。
執筆以外もあんまり変わらず。せいぜい家族が鬼滅の話ばっかりなので、ひっそり1人で3DSとかスマホでゲームやる時間が増えたとか。
なんにせよコロナとか寒波とか慌ただしくて落ち着かない日が続きます。
先週末から大雪もしんどかったですしね。
ただ連休中の雪はあんまり嫌いじゃない、というか仕事に影響がないものだから正面から向き合える感じがするんですよ。雪かきはしんどいし外出は大変だけど、「こりゃ大変だな」と受け止めて対応できるというか。
あと寒波が去った後の夜の散歩ってすごく気持ちが良いのですよ。静かで、やけに空が綺麗で空気が澄んでいて、雪で明るい。夏の夜も良いけど冬も一興。

なんというか、少なくとも社会人になって通勤に車を使いようになるまでは、ずっとそうだったんだよな、と気付きました。
ウインタースポーツをさしてやらない雪国の人間が雪を嫌いになる節目って、みんなそこじゃないのかなと。やっぱり、仕事とかが気になって向き合えなくなるんでしょうね。
同時に、そんな自分が嫌というか、社会人になると季節を楽しむ余裕がなくなってくるし、ぼんやり空を見上げる余裕もなくなってくるんですよね、記者時代ですら桜が咲けば「記事になるかな」とか考えてカメラを構えるわけじゃないですか。いや、むしろ余計そうだったかも。
これは冬に限らずなんですけど、季節を感じる余裕がどんどん減ってるんですよね。仕事だけじゃなくディスプレイの中の情報が多すぎるし、大人になって娯楽も増えた。昔は「ゲームは1日1時間」だから外で遊ぶわけで釣りとか虫取りばっかりしてたし。
逆に退屈な田舎の少年時代がなんだかんだで自分のベースにあって、そこが1番ストレスフリーでいられる環境なのかな、と。
私がたびたび「脱サラしたい」と言いますが、それによって求めているのは、そういう「季節の移ろいを感じられる余裕」なのかな、と。この大雪でちょっと気付いちゃったんですよね。別に遊ぶ時間とか自由が欲しいわけじゃないんだろうと。

で、創作の話なんですが、私の小説ってよく「風の描写がやけに多い」「空の描写が多い」、「自然風景が濃い」と言われることが多いんですが、これ無意識に季節感を心に留めておきたい心理なのかな、とか思ったんですよ。単純に自分の記憶の中でそうした風景の比率が多いせいもあるんだろうけど。

とまあ、大雪で疲れてぼうっとしながら職場休憩時間にだらだら書いてみた次第です。以上。
ラベル:雑談
posted by ヤマダマコト at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
ヤマダです。

新潟はめっさ雪です。今朝は近所の神社に散歩がてら初詣行ってきました。眠いです。

で、今年の話なんですが、とりあえずは「海彦」ですね。今月中に初稿は上がると思います。問題はそこからでしょうね。方言チェックを含め、今回は手を入れるところがすごく多いし、表紙の目処も立ってないのです。春以降のリリースになりそう。確定申告とかも入ってくるし。申告は簡単だけど気が重くて執筆ペースが落ちるんですよね、これが。それに合間に作る次作のプロットも時間が要りそうだし。
内容的には山彦に比べて登場人物も少ないんですが、割と色々新しいことにチャレンジしてるんで是非是非。

その次作は2000年代を舞台にしてミステリっぽい長編エンタメですね。ギャル系女子高生探偵が謎を解いていく感じの。らしくないように思いますが、きっとタイトルで狙いが分かるはず。
それに時間があれば短編も書くんだろうなあ、と。

あと余裕があればその次の長編のプロットも組みたいです。こっちは完全新作で、いくつかネタはあるんですが、どれに手をつけようかな、という感じ。
以前に杉浦さんの「鳳凰はかく語りき」を読んで、ああいう感じの時代に沿った感じの短編連作を私も書きたいと思っていて、アイデア自体はずっと温めていて、ようやく形になりそうだな、と。それが一案。



あとは、去年の「うちの親、出馬するらしい」とか一昨年の「月の女神に、希望の歌を」が思いの外評判が良かったので、その2つのテイストにちょっと近いやつ。昔、ケータイ小説で書いた作品のフルリメイクも良いかな、と。恋愛要素があって、卓球とも選挙ともちがう、カリスマ的な女の子が町おこし的をする的なお話。ケータイ小説としてはあんまりウケなかったんですけど、今ならありかもな、っていう。
他にも普通のミステリ的というかとたまにはハードボイルド的なのも良いかな、と思ってみたり。

執筆以外だと「山彦」のPODも完了するだろうし、今年はより地域に密着した活動を展開していきたいです。コロナの影響がどう出るのか、もありますけど。
そんなこんなで今年もよろしくお願いします。

ラベル:雑談 Kindle
posted by ヤマダマコト at 12:18| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする