2015年02月08日

KDP途中報告。一応出版までこぎ着けたけど

きょうは焼きそばじゃなくてKDPの話。

いろいろあって、先日、何気に自作1号を出版しました。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00TB0E6LY?qid=1423313016&sr=8-3
事前の情報とは変わっている部分が多かったので、とくに私が引っ掛かった部分についてちょっとメモっておきます。
2015年2月の時点での経験談として、今後、KDP挑戦する人の役に立てば幸いです。

手続き的には税まわりがかなり変わっていて戸惑った部分があります。
事前にIRSからEINを取得していたわけですが、これが個人では適用できないところは困りました。
「みなし事業体」として申請すればEINでも良さげではあるんです。日本での個人事業主ってのはアバウトなものですし。ただ、なんか不安で、やはり個人にこだわりたいという思いがあって、サポートに確認して帰ってきた答えがコレ。

- 米国源泉徴収税の適用について

現在、弊社では、米国以外の Amazon Kindle ストアでの売り上げに対して米国の源泉徴収制度を適用しておりません。米国源泉徴収税は、Amazon.com でのロイヤリティのみに適用されております。
このため、例として、日本のAmazon.co.jp のみで、本を出版・販売する場合は、米国源泉徴収は適用されませんので、免税のためにTINをご取得いただく必要はありません。


つまり、これって、そのまま受け取ればUSの源泉徴収さえ目をつぶれば、TINは不要で、世界で売れるってことですよね?
なんで取得したEINを使わなかったという。今後の検証が楽しみ。別に申請はいつでも出来るし。

その辺は結果を見て判断するとして、少なくとも国内販売ならTINを取得する必要がないのは間違いなさそう。
今後、KDP挑戦を考えている人には朗報だと思いました。悩んでる人は是非、一歩踏み出して欲しいです。

あと私だけかもしれませんが、引っ掛かったのが表紙画像のアップロード。私はAmazon推奨のサイズでPhotoshopでJPGファイルを作成しました。JPGのデータサイズは約3000KB。JPGなんて圧縮しなくてもそんなもんじゃないですか。
でアップロードも無造作にやったんですが終わらないんです。1時間どころじゃなくて、それでしまいにエラーが起こる。何度も。
最初はウチのしょぼい回線に問題があるのかもしれないと思い、ネカフェでも試してもアウト。
ファイルサイズを圧縮してもだめ。小一時間悩み、最後に、試しにファイル名を「cover.jpeg」にしたら、なんと成功したという。
どこかにそういうマニュアルやガイドがありましたっけ?
知らなかったのは私だけかもですが、引っかかる人がいたら、その名前にすることで解決するかも。

ほかにも細々と疑問や悩みがありますがAmazonのサポートが細かくフォローしてくれてるんで、あんまり心配事はないです。そもそもAmazonがしっかり説明すれば、悩む必要はないんでしょうけど。
この辺のもどかしさと頼もしさのバランスは坂本勇人の守備を見ているかのような印象
というか、もうそんな時期か。

ほかにも、注文の仕様とか発売日の指定とかいろいろあるけど、悩んだのはその辺。とりあえず、思ったより楽という感想は変わらないです。

ちなみに自作については13日から無料キャンペーンをやります。どうせならタダで落としちゃってください。ほかにKDP作家の面白い作品一杯あるんで、お金はそっちに使うべき。
今回の作品は食後のコーヒーみたいなもんですし。
ブログでのPRとかは、そのタイミングでやりますし、それ以降は既存市場の外を向いたプロモーションを展開したいです。やはり、ロングテール狙いで進めて行こうかと。

焼きそばレビューもKDP書評もそのうちやります。

posted by ヤマダマコト at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック