2015年02月13日

きょうから無料キャンペーンやります

本業の焼きそばレビューは一休みして、告知でも。
というわけで、このほどkindleで出版した第1号作品「団地のナナコさん」を13日午後5時から3日間、無料配布させていただきます。



通常価格150円が無料という。
ちなみに、この価格は「欲しくない人にとっては、100円でも150円でも変わらんのでは」という後ろ向きな考え方によるものです。小説は嗜好品であって、価格でほかと比べるようなものじゃないですし。
あとは今後の展開も考えてます。
今回の作品は原稿用紙換算でだいたい160枚くらい。もし、これを100円で売ってしまうと、次に
100枚くらいの短編を売る場合に、値付けに苦労しそうだし。長編の価格設定にも影響がでそうなので。

作品については、作品紹介にある通り鉄道のまち、新潟県の新津を舞台にした中編小説で、ジャンル的にはファンタジーになるんでしょうかねぇ。
ちなみに、私が書いた小説の中でも異質というか、どちらかというと三人称でこってりした描写を好み、700枚前後を得意な尺にしているつもりですが、この話は全然違うんですよね。
SSや短編を書くノリで書き始めて、このなんともいえない中途半端な尺に落ち着いたという。
たまたま、今回、KDP参戦にあたり、「最初は手軽に読めるものを」ということでコイツに決まったわけですが、あんまり自分らしくない話なんで、どうしたもんかなぁ、という思いもあります。

ちなみに作品のメインとなるのは昭和50年代後半から60年代初頭の新津で、
駅前のドムドムバーガーとか、アイスクリームショップ「アラモード」とかにノスタルジーを感じられる人には、ぜひ、読んでほしいです。もちろん、今もなお「新津の摩天楼」と称される、あの建物も外せないですし。
知らない人には、そういうまちがあるのか、と興味を持っていただければ嬉しいです。

また、kindle本は専用端末でなくとも、スマホやPCの無料アプリでも読めるので
電子書籍未経験の方はこれを機にダウンロードしてもらえれば幸いです。
読書好きの方なら、その世界の広がりに驚かれるはずです。

posted by ヤマダマコト at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック