2015年02月18日

慇懃無礼なヤマダ氏、何も考えずに坂東眞砂子の伝奇ホラーを振り返る3★狗神

本当は色々考えていたんですが、きょうは雨。
それにしても本は売れないけどブログは順調に訪問者が増えてます。
カップ焼きそばスゲー。
image.jpg
それはそうと今回は狗神
これ直木賞の選考にもあがってましたけど、さすがに伝奇ホラーでは難しかったのかな、と。
たしかに後日の蛇鏡と合わせて4作のうちで1番完成度が高いとは思います。
内容は高知の犬神信仰を土台にした物語。犬神筋の一族の悲劇というか、禁断の愛というか、鵺が出てきてギャーみたいな。
この男女の関係が明らかになるのが、一つの山場なんですが、特にミスリードもなくあっさりしたもので読者も想定できてる予定調和的な感じ。ストーリー自体はシンプル。どうしても同じ一族の話ということでキャラ配置が面倒なんですが、無難にまとめていると思いました。
相変わらず四国の田舎のギスギスドロドロした土着の因習を書かせたら天下一品です。臭ってきそうな感じ。
ただ、死国は主人公が外の人でもあったんですが、今回は完全に因習の中の人。
私も含め地域の伝統行事に近い部分で暮らしている人にとっては、たまらんと思います。
死国が旅行先の恐怖なら、こっちは親戚の家の恐怖。似ているようで微妙に違う。
男女関係もドロドロ。相変わらずの坂東さん。やっぱ上手いし。
この田舎の闇は好きな人にはたまらん題材です。
個人的にプロローグとエピローグの善光寺の必要性が疑問だけど、あれはあれでいいんでしょう。
ラスト付近の火攻めも、キングのニードフルシングスやファイアスターターのラストみたいで好きです。



そういえば、これも映画化されてましたけど、あんまり評判聞かなかったような。
ラベル:伝奇 ホラー
posted by ヤマダマコト at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック