2015年04月01日

伊坂幸太郎ってどうよ4★重力ピエロ

あああ。新年度でメチャクチャ忙しくて泣きそうです。
もうね。仕事もそうだし家族サービスもね。ん?家族?

というわけで次の伊坂作品は「重力ピエロ」なのかな。
本当はプロ野球も開幕したし、あっちの作品でもと思ったんですが気が向いたらやります。っていうかアレはどうなんだろ。

重力ピエロといえば兄弟が仙台市の連続放火に挑むお話。伊坂作品の中では珍しいほどノーマルなミステリ。家族がテーマになっているのがポイント。映画も佳作でした。
家族がテーマってことでミステリ要素もDNAの塩基配列という。
とってつけたような感がありますが大丈夫。というか伊坂作品がそこで終わるわけはないですし。あくまで本番はそこから。
その辺のドンデン返しとミスリードの使い方はさすがというか、むしろ、この典型的ミステリの構図だからこそ際立つというか。夏子さんとか。この物語の構造はお見事。
ちなみに主人公兄弟の泉と春ですが、劇中で命名について語られてますが、やっぱキングの「刑務所のリタ・ヘイワース」の副題「Hope Springs Eternal」の浅倉久志さんの名訳「春は希望の泉」からきてるんだろうな、と思います。

文章を含めて、一番、伊坂らしくない作品ですが、一番、その魅力が分かりやすいというなんとも不思議な小説。伊坂入門にはいいかもですが、後が続かない感じがするんです。
ジョーダンバットとか「春が二階から落ちてきた」で始まる出だしは、伊坂作品では一番センスがいいと思います。私個人としてはね。



っていうかブログ更新遅れがちですが、ご容赦を。
だってペナント始まったし巨人勝てないし大竹ぇぇぇ
ラベル:ミステリー Kindle
posted by ヤマダマコト at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック