2015年05月17日

眼精疲労ヤマダ氏、無事に上巻リリース完了

というわけで、無事に出版にこぎつけました「山彦・上」
前回の反省を踏まえ、早々にカテゴリーの修正依頼をこなしてみました。
とりあえず、実機でのチェックも終えたんで、こちらの思惑通りの作品にはなったと思います。
ちょっと冒頭の散らかし具合が気になるんで、もうちょい手を入れるけど。
「団地のナナコさん」と比べると、かなりエンタメに振ったつもりです。
表紙も、予定通りに派手に、あえてサムネイルの小さい画像がにぎやかになるように考えてみました。

あとは、読んだ人にどう感じてもらえるか。そこが難しいです。
果たしてサンカ小説にニーズはあるのか。スローテンポ過ぎないか。
なにぶん、今まで書いてきた作品と違い、前例がないテーマなので、読んだ人に受け入れられるのか不安な部分もありますが、出してしまったのは仕方ない。
マニアックな題材ですが、できる限り、万人向けのエンタメ作品を目指して書いたつもりです。
越後平野の伝承や古史古伝をベースにした和製モダンホラーであり、同時に越後平野を駆け巡る冒険小説。
そういう形で、何も考えずに暇つぶしに読んでもらえれば幸いです。
サンカなんて難しく考えず、キャンプマニアの集いだと思えばオッケーなんじゃないですかね。



っていうかKDP本のレビューとかカップ焼きそばじゃなくてゴメンね。そっちもボチボチ再開するんで。
posted by ヤマダマコト at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック