2015年06月23日

ヤマダさんと行くぶらり県央の旅3★加茂市街地

ストーリー順にロケーションを紹介していきたかったんですが、順序がバラバラです。
まあいいや。どうせブログなんて、いつ読まれるか分かったもんじゃないですしね。
そんな感じで、今日は加茂市街地。県内でもマイナーなまち。過激な市長や「第二の夕張市」などと揶揄される前のめりな市政運営が一番目立っているっぽいですけどね。

image.jpgimage.jpg
でも、街並みは観光地ばりに綺麗です。弥彦より生活感があって、その中に品の良さが際立つ感じ。いわゆる小京都的なまちですが、たしかに街に水遊びができるほどのきれいな加茂川が流れ、整備されたこじんまりとした商店街、高級料亭が並ぶ裏路地の向こうに青海神社のある加茂山の豊かな緑が広がる感じはプチ京都的な趣きがあります。

川沿いに広がる商店街も上流は昭和っぽいテイストで、とくに夏の夜はすごく風流だったり。
宿泊先がまったくないのが惜しい。
劇中ではビューティー☆レボリューションなるエステが出てきましたが、実際はそういうものはなさげというか景観に関する商店街内での申し合わせがあるとかないとか。

image.jpg
ここは、加茂山にある加茂市民族資料館。劇中では柳井館長がいらしたところ。本当に木造なんです。事務所はめっちゃ狭いです。

あとは食レポ。
加茂といえば、田辺のかりんとう、涌井金太郎商店の笹団子、千代田ベーカリーのパンとかあるけど、やはりトレンドは商店街にある菜工房ヤマダのレバーフライ。店の名前からしてね。

image.jpg
懐かしいレバーフライをその場で揚げて提供してくれます。1串130円。
これ、ソースじゃなくてタレかつ丼みたいな甘めのタレにくぐらせてくれるのがポイント。
これはたまらんですよ。
天気がいい日は河原で食すも良し。




そんなこんなで山彦好評発売中。
スマホやタブレットでも読めます。
posted by ヤマダマコト at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック