2015年07月01日

ヤマダさんと行くぶらり県央の旅4★加茂市粟ケ岳登山道入口周辺

本日は加茂市街地から加茂川沿いに上流にさかのぼって、粟ケ岳登山道周辺へ。
市街地から20分くらい山を登るわけですが、典型的な里山の原風景的な道。何年か前の新潟福島豪雨災害の復旧事業もようやく完了した様子。

image.jpgimage.jpg
で、ここがビジターセンター周辺。
この時期は平日はほぼ無人な感じです。
対岸には水道用水を取水する水源地があり、裏手には炭焼き小屋。ここら辺は劇中でも触れたような。
image.jpg
水源地は透明感高め。
登山口までは、ここから先に車でも入れるのですが、あくまで工事や林業関係者用で、一般登山者はここから歩きます。
道中は、未舗装ですが、手が行き届いていて歩きやすい。両脇は整備された杉の植林。下草が刈られていて、靄がかかったりすると良い雰囲気ですが、あんまり趣はないですね。
右手は、林の向こうに加茂川が流れています。
沢の音を聞きながら、ちまちま登ると登山口に到着。
クマ注意の看板は、取材に来たときにはなかったような。この社は、たしか書いた記憶があります。
image.jpgimage.jpg
んで、この登山道入口に安全祈願の社があります。序盤でてきたアレは、ここがモデル。ウイスキーボトルは供えられてなかったですが。
image.jpg
粟ケ岳については、今度、下田行ったときに逆側も見てみたいですね。



というわけで、平成のサンカ小説「山彦」売ってます。
スマホやタブレットでも読めます。
posted by ヤマダマコト at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック