2015年11月30日

勝手にKDP本レビュー★20小当二通「ようこそ喫煙所へ」

年末進行の真っ只中での久々のブログ更新。年内に200本目の記事を書きたい。
ちなみにこいつが196本目。

今日は小当二通さんの「ようこそ喫煙所へ」のレビューでも逝ってみましょうか。
ちょうど20作目のレビューっすか。
素朴な表紙とは裏腹に、非常に良くできた短編だったので、是非という。自殺を考えていた圭一が高校時代の友人、茂明から、もう一人の友人・裕司の死を聞かされ行動する物語。この喫煙所というのは高校時代の3人の溜まり場であり、物語の核になる場所だったりするわけです。

印象としては、上手いな、というのが第一にきます。文章も明確で描写も上手い。地力の高さを感じます。若干、冒頭の重厚な描写が後半は若干パワーダウンした感はありますが、とにかくグイグイ引っ張っていく力を感じます。
3人のキャラはいわゆる「良い子・悪い子・普通の子」という鉄板なんですが、中でも悪い子ポジションの茂明のキャラクターがすごく良い。程よくシニカルでぶっきらぼうで良いヤツ。
加えて、いいなと思うのは、普通に考えればエピソードが全然足りてないのに、3人の関係に説得力を持たせられていること。私なら、ラストに向けてもっと3人のエピソードを積み重ねると思うんですよ。回想を多めに入れたり、キーになるエピソードやアイテムを揃えたり。今回は、そういったものがなくてもそれほど少ないのに違和感がほとんどなかった。若干、裕司については何か欲しかった気もしますけど、問題なしというか、力業でねじ伏せられてしまった感じ。
ここら辺は筆力のなせるわざというか。

賛否が出そうなのはラストの展開何でしょうが、個人的には、もっと純文学的に地に足の着いた展開や描写でも良かったかな、と思います。あるいは、もっと軽い文体にできれば、より詩的な感じがしてしっくりきたのかな、とか。



とはいえ、すげーなと。何気にこれだけ上手いのにホラーやラノベまで書ける懐のある人なんで、ガンガン作品をリリースして欲しいです。

追伸☆と思いきやペンネームが変わっていてびっくり
ラベル:Kindle KDP 純文学 青春
posted by ヤマダマコト at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック