2016年01月12日

卓球全日本選手権前に「テーブルの上のスカイラーク」振り返る

たまには自作ネタ。
ほかにネタがねえっす。カップ焼きそばはちょっと醒め気味だし。

ちょうど卓球の全日本選手権が始まるということで、この時期と重なる自作「テーブルの上にスカイラーク」を読んでみました。

当たり前ですが、自作ってほとんど読まないんですよ。せいぜいアサギマダラをさらっと読んだくらい。
やっぱり、ずっと書いてきたものを、もう一度読み直そうなんて思わないものです。
特に長編は苦痛で、山彦はプロローグ以降はほとんど目を通した記憶がない。自分の妄想の産物を読むくらいなら他の本を読むに決まってる。ある意味で自分の手料理と同じですよね。味わかってるし。でも、食事は不可欠なんで食べますが、小説はそうじゃない。

そんな中、ちょうど大会もあるし、あと、年末に記事を書いたのを機会に怖いもの見たさで、頑張って読みました。まさに睡魔との戦い。
第一印象は「文節多すぎ」。これはキツい。私の文章的美学とは乖離しとるがな。誰だ、書いたヤツは?
とりあえず一人称で苦労してるなーと。こういう柔らかく雑多なテイストは慣れてないのがよく分かります。思えば、「変人たちのクリスマス」もそうだった。

良かったところは、ラストは少々蛇足かつ、あざといほどの演出過多ですが、きれいにまとめた気がします。「終わり良ければすべて良し」で許していただけないものかと。それに、一本調子で読めたものではないと思われたストーリー展開も、意外に悪くなかった。セリフも、自分とは思えない、小粋なものもあったりして。
気になるのは、似たシチュエーションが重なるところ。これはプロットで徹底的に管理せず、キャラを動かしたせいもあるかも。

ただ、明らかにダメなのは、意図が感じられないシーンやリズムの悪い競技の描写。これは削るべきだったかなと思います。書いてるときは重要な気がするんですけどね。
とにかく文節の長さと相まってダメダメ。
加えて、主要キャラの山田葉月が安定してない。リアル狙いですが、もっとデフォルメしてキャラを立てても良かったかもしれない。年齢も性格も求めているものとズレている気がする。もっと精神年齢上げるべきでした、絶対。
終盤は悪くないんだけど、序盤の失敗が尾を引いてる感じがします。

総論としては、思った以上に普通の小説だったし、まあ、言い訳するほどひどくもないのではないかと。過剰なものは多いですが、足りないものは少ない感じ。後味もすごく自分っぽかった。

なんでこんな話をしたかというと、これから修正して再配信しようと思ってるからなのです。通常版、統合版ともになんで面倒ですけど。
ちょうど全日本選手権前で、無料キャンペーンで落とした人が読むかもしれないですし。
あと、近々、上巻の無料キャンペーンもしたろうかと。統合版しか売れてないので、ちょっと寂しいんですよ。
2月になってもキャンペーンやってなかったら、なんか事情があって中止したのだと察してもらえれば結構です。
その辺は、また後日。
posted by ヤマダマコト at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック