2016年02月29日

勝手にKDP本レビュー★26丸木戸サキ「ねぇ、その出版楽しいの?」

なんやかんやで丸木戸サキさんの「ねぇ、その出版楽しいの?」を読了しました。
ぶっちゃけ、小説以外はあんまり読まないんですよね。エッセイ的なものとしては甲斐しげるさんの「電子書籍作家が読む本」以来じゃないかな。
基本、この手の本は作者の人間性で選ぶことが多いです。甲斐さんも、普段のツイートなんかで面白そうな予感がして、無料キャンペーンで読んで、本当に面白かったんですよね。今でも密かに繰り返して読んでいるという。

丸木戸さんについては、小説も読んでいて、すごく上手いと思ってたんですよ。外連味のない素直でハンサムな読み口が魅力で、確か「四月馬鹿」をKDP文学賞でもピックアップさせてもらいました。その上で、ブログの文章も読んでいたので、そういう意味では安心のチョイスだったし、結果も裏切らないものだったように思います。
なんていうか、丸木戸さんの地の文って、すごく理知的なんですが、時々、ふっと一気に距離を詰めてくる瞬間があるんですよ。その感覚が随所に生きていて、すごく読み心地が良い本でした。
内容については、KDPについてのエッセイなんですが、具体的な体験談は控えめで、丸木戸さん自身の考え方が出版から販促に至るまで書いてあるイメージです。とくにイラストや挿絵もなく、すごく整理されていて分かりやすい。
個人的には、もっと体験談を面白おかしく添えたりしてエンタメ方面というか作者のカラー努めでも良かった気もします。こういう本ってファンアイテム的な側面もあるし。
肝心の内容については、憶測の断言を避け、全方面に配慮しつつKDPの魅力をPRしていて良い感じ。とくに私個人としても共感できる部分が多数ありました。
とくに「KDPサマソニ説」。私が他のセルフパブリッシングに展開しない理由もそれ。インディーズとかに括られるのは面白くなくて、普通に何食わぬ顔でメジャータイトルに紛れて勝負できるのが楽しいのです。KDPは意外にフェアなんです。かつてケータイ小説やってたころに感じていたある種のやるせなさや疎外感はないんです。遊び場としての懐の深さ、厳しさをサマソニに例えるのはグッときました。



個人的にこれからKDP始める人必携みたいなもんじゃないし、強要するようなものでもない。ちょっと一服というか、そういうスタンスで楽しむ本なんだろうと思いました。



ちなみに昆虫好きとして、そのうち「蝶従偽蛾」は読みたいっす。
ラベル:Kindle KDP
posted by ヤマダマコト at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック