2016年03月03日

ヤマダ氏、ペヤング激辛カレーを食べる

久々の焼きそばレビュー。
記事タイトルはなんとなく変更。
ペヤング激辛カレーを食べてみました。
ていうかリニューアル前にも食べたし、ハーフ&ハーフにも入ってたんで分かる味ではあります。

image.png

中身はかやくとソースのみのシンプルさ。
とりあえず、いつものパターンで湯切りをしてソースを混ぜるわけですが、この時点で漂うスパイシー臭。

味は相変わらずの遠慮のない凶悪な辛さ。市販品ではトップクラスじゃないかなと。ただ、ペヤングが偉いのは激辛でも味は良いんですよね。今回もクソ辛いけど味は上々。
ただ、通常の激辛と比べると、かなり差があって、旨味が弱い感じがする。一方で辛さ的には、こっちの方がすぐに来る。普通の激辛は旨味のあとにズーンと来ますが、こっちは食べた瞬間に来る感じ。普通の激辛も赤いパッケージに反して唐辛子系ではなくペッパー系に近い風味なんで、余計にカレーの特性が際立ちます。
車で言うとホンダのVTEC系の辛さなのかなー。

味は1番近いのは、中学のとき鎌倉の修学旅行で、鶴岡八幡宮行く途中の小町通りで買った激辛カレーせんべいの味に似てるかもしれない。もう20年前の話ですが。



でも意外と美味なんで辛いの苦手じゃなければオススメ。
posted by ヤマダマコト at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック