2016年03月17日

ヤマダ氏、今更「寄生獣 完結編」を観る

なんとなくTポイントカードの更新ついでに、観るのをすっかり忘れてた映画「寄生獣完結編」をレンタルしてみました。
原作ファンなんで、映画とアニメが発表された時におおおってなって、ちゃんと前編は映画館で観たんですよね。
そのあと、アニメが終わって、あっちが原作に近い感じで終わったものだから、それで満足してしまったという。忘れてたわけじゃないけど優先順位はさほど高くなかった。独身ならともかく家庭持ちは時間がないのです。小説も書かなきゃだし。

前編については以前も書きましたが、「しゃーない」が総評でした。そもそも無理でしょ、という。映画2本で収まるわけがない。元々、寄生獣という漫画は心理描写や地の文によるナレーションが魅力だったんですが、そんなもの実写映画で多用できるわけがない。アニメは開き直ってそれをやりましたけど、映画は無茶。もう企画の時点で負け戦なんですよ。しかも、やるからにはうるさいファンを納得させつつ新規のファンを満足させなきゃいけない。
http://niigatabungaku.seesaa.net/s/article/412050653.html
その辺は前半のレビューにもあるので割愛しときますが、要するにその制約の中で成立させるために、テーマを絞ったのがポイント。

完結編も、当然、その方向性を踏襲しています。新一とミギーの関係は相変わらず相棒そのもので、ミギーは明らかに感情豊か。新一は苦悩する高校生というよりパラサイト殺しのために生きるダークヒーローに。説明が難しい部分、観客が引っかかる微妙な要素を排除して「分かりやすくシンプルに」という方向に大幅アレンジしています。エンタメの手法としては、確かにアリだと思います。ちょっと露骨で俗っぽ過ぎる感じはアレですが。
田宮良子は、新一とミギーを「希望」と言い切っちゃうし。立ち位置は明確になったけれど、パラサイトとしては浅い、浅すぎる。
映画は尺の問題があるので仕方ないのは分かりますが、そこを映像や音楽、役者の仕草や表情、演技で伝えられるのも、また映画だとも思うわけです。

市役所の後藤戦やヤクザ事務所のアクションをかなり省いたのは驚きましたが、予算や尺を考えれば仕方ないかなと。あと前半が、プロモーションに比べグロ過ぎて不評だったそうなので、その辺の改善もあったのだと推察されます。
その中で、概ね原作を踏襲した感じ。
良かった部分としては、倉森さんを父子家庭にするアレンジ。原作の奥さんはいい味出してたんですが、新一や田宮との親子対比という意味では面白い改変だと思いました。
あと、セリフは昨今の民放ドラマのような説明過多のお粗末なものも多い中、
新一「化け物の言うことか信じられるか」
田宮「人間の言うことは信じられるのか」
のやりとりはデビルマンみたいで面白かった。

問題は、単純化したアレンジと、原作踏襲の展開がミスマッチだったことだろうと思います。元々、寄生獣の原作は、設定と展開が完全に一体化していていじりようがなかったんですよね。だから、キャラやテーマをアレンジしたなら、ストーリーも大幅に変えなきゃならなかったんじゃないでしょうか。前編は小さなズレでしたが、ボタンの掛け違いみたいにどんどんズレが広がって、最後にやらかした感じがします。
例えば、ミギーと新一は最初からバディー的な展開ですが、そうした結果、最後のお別れの理由をミギーの自発的なものから「放射能の影響」という不可抗力にせざるを得なくなった。だって、ミギーは原作の「決して相容れない別種」ではなく「友人」なんですもの。突然、「今度は内面の活動に」なんて言うはずがない。あの放射性廃棄物ネタには、この部分の要素が大きかったと思います。
そして、新一が後藤を殺す理由の分かりやすいアイコンとして、後藤戦前後に里美を連れてきちゃったこと。色んな意味で、「愛人同伴出勤かよ」的に。確かに観客には分かりやすい改変ですが、結果、里美は新一とミギーのことを完全に分かっちゃってるわけで。
この2つのアレンジの結果、ラストの屋上のシーンは、ほぼ原作踏襲でも、セリフや演出の意味合いが全然変わってくるわけで。そうなると、あんまり感動とかないです。だったら、もう原作のシーンの再現なんてやめちゃえばいいのに。

でも役者さんは頑張ってた。橋本愛の村野役はオリジナルとは別物だけど、前編では、学校に1人はいる「やたらまとわりついてウザい変な子だけど、よく見たら可愛くね? これはイケるんじゃないかしら」っていう子をよく再現していたと思います。完結編では学校生活の描写が少ない分、ちょっとその辺の押しが弱いけど、濡れ場の生々しさで挽回。そんなとこだけ頑張ってどうすんのよ、っていう感じだけど。



総じて、埋もれちゃう程度の作品だけど、昨今のマンガ原作映画の中では及第点なのかな、と。すごくレベルが低い勝負ですが。
なんにせよ寄生獣ファンとしては、原作にスポットライトを当ててくれただけでもありがたいです。
posted by ヤマダマコト at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック