2016年05月28日

いつもの近況報告的な

さて、ネタがないので恒例の近況報告とか

まずは、ようやく3DSのファイアーエムブレムifを卒業。最近のゲームはなんでこんなボリュームがあるのか。社会人には無理っす。

ジャイアンツがなかなか勝てません。テンションだだ下がり。もう、どうしようもないよね。

今はPTAが忙しい。夏休み近いですしね。まあ、頑張ってます。

読書については、KDP本は前にレビューした「がらくた少女と人喰い煙突」で止まってます。あの余韻が大きいです。今までにも面白い小説や凄い小説はたくさんありましたが、自分と競合する可能性がある作品というと、ジャンル的に本作と水瀬さんの「銀幕の声」くらいだろうと思ってるんですよ。ちくしょう、みんな上手いな、と。代わりに、なぜか伊坂幸太郎のゴールデンウィークスランバーを再読しつつ、いろいろ未読文庫本を読んでます。



今月のKDP販売状況ですが、冊数的にはさほどですが山彦の統合版が上巻を上回るペースで売れたりして、ロイヤリティは上々。だいたい期待値通りに推移しています。スカイラークの通常版だけはてんでダメですが。KENPも先月がくりと落ちましたが、多少持ち直して、15000にはなんとか届きそうな気がする。

新作についてはプロットはできてます。ただ、ちょっとバランスが気になるので、もう少し練っていたいなと。なんていうか昭和のミステリならアリかもですが、今の作品としては、ちょい古くさい気もする部分があって、どうしたもんかな、っていうか。終盤の情報量を減らしたいんですよね。
にしてもプロットだけで8万字オーバーとか。でも、この部分はこれくらい時間をかけたほうが良いと信じてます。一時期、効率化というかスピード感第一で長編を量産したことがありますが、出来については首をかしげるものも多かったですし。
とはいえ、ここまでくれば初稿上がるまでは早いんじゃないかと思います。長編でも600枚になるのか900枚になるのかで執筆や校正はもちろん、表紙の枚数も変わってくるんで、流動的な部分も多いんで明言は避けておきますけど。

あと、ヘリべさんのブログやタイムラインをざっと眺めていると、いろいろとセルフパブリッシングで面白い企画をやっているようです。
大きく分けるとスキル向上系の互助活動と、作品や作者に光を当てる取り組みっぽいですね。みんな頑張ってるなーと。やっぱり「動く」のは大事です。「売れない」とか愚痴っててもしゃーないですしね。
個人的にはどれも賛同しますし、できる範囲で応援しますが、積極的に関わるのはリソース的に厳しいんじゃないかと。書くので手一杯だし、本当にネット知識に疎いんで役に立たない可能性が大ですし。
ただ、例えば作品の下読みなんかは、個人的に頼まれれば今までも応じてたりするんで、できないことはないんだろうと思います。こればっかりは相手にもよりますが。
けれど、自分の作品についてはあんまりなんですよね。校正やアドバイスを人に頼むのは、責任を担保するみたいで怖いんですよ。自分の作品に問題があったとしたら、その責任はすべて自分が引き受けないと気持ち悪い感じがするんです。すごく魅力的ですが、たとえ苦しくても自分でやるほうが気楽だなーと。人に迷惑をかけるリスクは極力排除して、気楽にやるのが理想です。
ラベル:KDP KENPC
posted by ヤマダマコト at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック