2017年01月03日

ヤマダ氏、今更ローグ・ワン観てくる

まさかの300本目の記事投稿。立ち上げからおよそ2年。今後もちまちま更新してまいりますのでよろしくお願いします。

正月休みということで、「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」を観に行って来ました。
何度か言ってるけど、やっぱりスターウォーズって特別なんですよね。別に映画として優れているわけでもなく、ストーリーはご都合主義で、SFとしてもしょっぱい。でも嫌いになれない不思議なシリーズ。水戸黄門が好きだった死んだじいちゃんもこんな気持ちだったのかな、とか考えてしまう。なんだかんだ好きなんですよね。
とはいえ、年末にスピンオフとか、この間EP7出したばっかで、こんなに連発して大丈夫なんか、っていう心配もしてたんですが、杞憂でした。

ストーリーは公式サイトあたりみればわかりますが、要するに反乱軍で汚れ仕事ばっかやってきた人や帝国から寝返った人とか、訳ありのメンバーで構成された部隊が、デススターの設計図を盗み出すハードミッションに挑む物語。
EP4で「なんでデススターこんな弱点ガバガバやねん」と誰もが思うツッコミに対するアンサーというか、その部分を補完しつつEP4直前に繋げる構成で、全体を通してみると、非常に良くできたスピンオフだと思いました。
シリーズに詳しくない人でも人間ドラマとキャラで、単体作品として面白いし、続きのEP4が気になる。ファンからしてみれば、ちゃんと世界観を正しい方向で広げてくれて感謝しかないし、絵ヅラは半端なくカッコいい。帝国占領下のジェダ上空を帝国のシャトルが行き来する絵とか、スカリフ上空の空中戦とか。ライトセーバーなくても、ちゃんと格闘戦やってくれるし。むしろ、ジェダイ不在な分、終盤のベイダー無双が際立つ。やっぱりフォースの力は半端ねえわ。

主要キャラクターもジン、キャシアン、チアルート、K-2SOとかみんな個性的で面白い。特に少林寺座頭市的なチアルートが目立つ。アジアンでジェダイばりのアクションがカッコ良かった。ダサいボウガン使わなくていいから、カンフーもっとかまして欲しかった。ジンもそう。あのトンファーっぽいのカッコいい。この2人ならグリーバス将軍が相手くらいならタイマンはれそうな戦闘力に見える。
というか部隊の物語ではあるけれど、核はジンのストーリーで、そこもスターウォーズにしては頑張った。ネタバレになるから言えませんが、良かったと思います。スターウォーズらしいし。ああいう展開が続くなら、もっと感情がぶれても良さそうではあるんだけれど。

ツッコミどころも見所も満載で語りつくせないんだけれど、映画単体として気になったのは導入部分でしょうか。ジンの子ども時代からキャシアン登場に繋がって、ボーディーが出てきたりして、その過程でキャシアンのダーティーな一やジンの育ての親的な反帝国の戦士ソウ・ゲレラの現在を表現していくわけですが、その辺の描写が不足している感じがしました。ソウなんて、感情移入する前に退場しちゃった感もあるし。あと、ジンが反乱軍に行ってスカリフに向かうまでも唐突な感じがする。あと20分くらい尺があれば。
加えて、スピンオフだからだと思いますが、割とこじんまり完成させちゃった感は否定できないところ。EP7を見たあとだと、やっぱりロマン分が足りないよなぁ。その分、凝縮されてるし完成度は高いし、これはこれでいいのかな。
この物語があるからこそ、そのあとのルークとベイダーの神話性が際立つというか、ガンダムだって、一般兵やヤラレ役がいて重厚な設定があるからこそアムロやシャアが際立つわけで。スターウォーズの世界に奥行きと深みを与えるフォンドボー的な役割を見事に果たしたんじゃないかと。

なんにせよ、ファンなら観ても損はないし、EP7で挫折したシリーズ初見さん向きだとは思います。
posted by ヤマダマコト at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック