2017年01月07日

勝手にKDP本レビュー★44コユキキミ「週末夫婦、猫を飼う」

新年最初のKDP本はコユキキミさんの「週末夫婦、猫を飼う」です。
正月休みにのんびり読んでました。なんかミステリとか読みたい気分でもなかったし。
こういうほっこりするようなものは非常にありがたいわけですよ。

ストーリーはタイトルそのまんま。週末以外はすれ違いの夫婦が仔猫「たらこ」を飼い始めるという私小説テイストの濃い内容。
奥さん視点で、旦那さんのキャラクター丁寧に書いてるのが印象的で、2人の一風変わった、けれども通じ合っている夫婦のコミュニケーションの様子や料理などの家事の日常を描いていきます。その中に、ある日やってきた猫がはめ込まれていく感じ。
前半は旦那、あるいは旦那と猫の関係を描きつつ、微妙に視点を変えて、猫、あるいは猫に対する主人公=奥さんの心情描写に着地するのがきれいだな、と。特に、ずっと柔らかくほんわか進んできた中の終盤のテーマはすごく女性らしい作風だな、と感じました。
猫のたらこ嬢については、私も実家に猫がいるので多少は分かります。よく観察した上で、小説らしく少しデフォルメしてるんでしょうけど、そのさじ加減が上手いなーと。

あと、作品として特異点になりそうな「不思議な力」については、結構、賛否はあると思う。
個人的にはアクセントとしても、話を構成する上でもアリだと思うんですが、描写はもう少し曖昧でも良かった気がする。猫の表情とか雰囲気とかでも表現できたんじゃないかと。
ああ、でも、このくらい目立たせた方が逆にビジュアル的に面白いのかも。中途半端だと、違うジャンルになって本筋が楽しめなくなりそうだし。



余談ですが、表紙を見た時には「猫が書いてるブログ日記」の小説だと思いました。漱石の先をゆく、猫視点のブログ日記で飼い主の週末夫婦を描くという。いや、私の妄想なぞどうでもいいですけど。
posted by ヤマダマコト at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445651024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック