2017年03月27日

新作「風、めぐりくる」出ました

ペヤング背脂MAXのレビューは後日。今回は小説の話です。楽しみにしていた方すみません。

さてさて、新作短編「風、めぐりくる」がリリースされておりました。
例の原作開発プロジェクトに間に合わせるための急造品でございます。今までの作品からちょっとずつネタをかき集めてきたような、リサイクルといえば聞こえはいいですが、寄せ集めと言われると身も蓋もない感じです。
創作の意図は、あとがきに書きましたけど、ネタバレなんでブログでは紹介しにくいっす。

直接的な関連はないですが、基本的に山彦っぽいです。いつか山彦のスピンオフ書くとしたらこんな感じなのかなぁ、って考えてたんですね。必要性が薄いヤツカハギという固有名詞は避けましたが、ちゃんとサンカ、あるいは山彦が出てくる。
舞台は三条市下田の大谷地地区。この辺も山彦とすごく近いんだけどちょっと違う感じ。プロジェクト主催者、吉本興業の住みます芸人さんがいるのもこの辺だった気もするし。
原作開発プロジェクトの方はダメに決まってますが、ここから山彦の販促につながれば嬉しいですね。実際、そっちの期待感の方が大きいです。
個人的には、サンカは短編向きの素材じゃねえな、と。作品そのものはドライな気持ちというか機械的に淡々と書かせていただきました。
ていうか、年明けは本業が忙しく、作業用PC故障もあり、一時はどうなることかと。
まあ、そのアクシデントが結果的に初の表紙外注に繋がったので、結果オーライではありますが。
表紙を作成してくださったのは、なかしまなぎささん。新潟を拠点に各地で活躍されている方です。線に魅力があったのと、この透明感の向こうにある危うさが作品の雰囲気に合う気がしたんでお願いしました。
私の場合、自作だとフォトショで写真をベースに作るのですが、この手書きの線の魅力はなかなか出せないし、個性も出しにくかった。1度、「怪物少女フォーエヴァー」で、少し自筆でトライしてみたんですが、あれは使い物にならなかった。
加えて、KDPで故郷の新潟を舞台に書いて、お金を頂いている以上、やっぱり地域に還元したいなと思い、今回はできれば県内の方にお願いしたかった。KDPnewsでも言ったし。
かなり無茶なスケジュール感でお願いしたにもかかわらず丁寧に対応していただき、もう感謝しかなかとです。
今後については年内リリース分は自作でまかないますが、クマ小説とかは外注になるかも。県内にこだわらず、作品にマッチした方に声をかけていこうと。かなり先の話ですけれども。



あと、後日再度アナウンスしますが、31日夕方から3日間、久しぶりに無料キャンペーンやります。興味ある方は是非。
posted by ヤマダマコト at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック