2017年06月16日

このカップ焼きそばがすごい!2017「日清デカヤキまろやかソース焼きそば」

久しぶりのブログ更新。
今回は日清さんの「デカ焼きまろやかソース焼きそば」。デカ焼き自体は以前もレビューしましたが、新バリエーションっぽいのでひとつ。
要するに、このシリーズは日清版「ごつ盛り」ですよね。価格帯も一緒。安くて量がある。定番の方は、まんま仕様もごつ盛りと一緒。

IMG_5062.PNG

日清食品といえば、日本人なら誰もが知る即席麺のパイオニアであり、今でもカップヌードルやチキンラーメンは絶大なブランド。面白いCMをガシガシ作る大阪府民の誇りでもあります。
実際、麺を中心に基礎技術力も高く、その資本力もあり品質も目を見張るものがあるのは事実。
その一方で、マーケティング、特にブランド増殖戦略についてはエゲツないこともやっていて、競合ブランドの新商品に対しては、日清ブランドを前面に押し出してシェアを奪いにいくという、覇王気質も持ち合わせているメーカーでもあります。
赤緑どん兵衛もそうだし、「麺づくり」に対する「麺職人」もそう。北海道民のソウルフード「焼きそば弁当」に「キタヤキ」をぶつけるのもそう。「デカ王」もペヤング超大盛り潰しだと思われます。
要するに、後発でパクりつつ、企業体力と技術力、それにCM攻勢で市場を攻めるというジオン軍に対する連邦軍のような会社。あるいはPS時代のスクウェアみたいな。
特に東洋水産は何度も煮え湯を飲まされているのが不憫。
今回もまさにその一環ですよね。

この「まろやかソース焼きそば」は、マヨの代わりに、液体ソースとは別に青のり入り粉末ソースが入っているのがポイント。
イメージとしては、東洋水産の「昔ながらのソース焼きそば」でしょうか。ただ、食べてみると、もっとチープで、むしろ粉末ソースの「日清焼きそば」寄り。粉末ソースが同じタイプなのかも。かなり甘口です。
正直、麺については「ごつ盛り」の方が好き。これはチープ過ぎる気が。ただ、あんまりマヨ好きじゃないし、この甘さはアリだと思う。
決して評価はしないけど、良い商品だと。ごつ盛り並みのコスパでさっぱり食べられるし。



ただ、ごつ盛りの牙城を崩すのは無理っぽい気が。
posted by ヤマダマコト at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック