2017年11月07日

映画のITを観てきた話

実は映画も結構な本数を年間に観るし、映画館に行く頻度も普通よりは高いと思うんですが、よほどのことがない限りは触れたりしないんですよね。

とはいえ、今回の「IT/それが見えたら、終わり。」は別格。
何と言っても、あの「IT」の映画化ですからね。スティーヴン・キングの代表作の一つであり、最高傑作の有力候補でもある大作ホラー小説。文庫でも分厚いのが4冊で、日本語訳の原稿用紙換算で気が遠くなりそうな圧倒的なボリュームで、傑作なのにキング初心者にはオススメしにくいあの「IT」ですよ。まさに電子書籍にうってつけのタイトルと言えなくもないですけど。
日本語版は私が中学生の時にハードカバーが出た記憶がある。英語習いたてのころ。実際に読んだのはもっと後で文庫でした。

アメリカ南部の架空の町、デリーを舞台に子どもたちが30年周期で現れる怪物ペニーワイズと対決する物語で、1960年ころの少年期の対決と、ペニーワイズが復活する1990ころの壮年期のふたつの時間軸で進むわけです。
普段から学校の最下層カーストにいるいじめられっ子で、それぞれ吃音や肥満、家庭内暴力などに悩む「はみ出しクラブ」の子たちが、たまたまデリーの歴史に30年周期で現れるヤツ(IT)の存在に気付き、立ち向かうのが少年期の物語。一方、ヤツの復活を知ったはみ出しクラブの面々が、それぞれ大人になってからデリーに再結集し、再び立ち向かうのが壮年期。
壮年期の方は今回は触れられていませんが、ハゲ散らかしてたり旦那のDVに悩まされてたり、同窓会的でそれはそれで面白い。アイツはイケメンで大成功な人生を送ってたりね。
原作では、それぞれの時間軸を、それぞれのメンバーの視点で描いていき、1960年に何があったのか、そして大人になってすべき事とは、を明らかにしていきます。
このペニーワイズこそ、お馴染みのピエロなんです。あまりにもピエロで有名ですが、その本質は「無貌の怪物」。見る人間によって姿を変えて襲ってきます。
このピエロの元ネタは70年代にアメリカを恐怖に陥れた連続殺人犯のジョン・ゲイシー。ピエロの姿になることが多く「殺人ピエロ」と呼ばれたヤバいシリアルキラーなんですよ。要するに、キングが作品を発表した当時のアメリカ人がもっとも恐れた姿という、ちょっとメタフィクション的な演出だったりするのです。
で、このペニーワイズは、子どもたちが1番見たくない姿で襲ってくるわけです。ピエロはもちろん、オカルト雑誌で見たオオカミ男から当時アメリカに輸出されていたと思しき東宝の怪獣「ラドン」まで様々。あとジョーズにもなります。もう、ホラーの百貨店状態。なんでもあり。ペニーワイズというのは、子どもが大好物で、特に子どもの恐怖心が好きななんですね。
そうした人の潜在的な恐怖心に訴える描写に加え、当時のアメリカの学校や家族関係を鋭くえぐる描写だったり「はみ出しクラブ」の面々のジュブナイル的成長物語だったり。さらに、「もっとも恐ろしい恐怖とそれに立ち向かう方法」と「子どもと大人の境界線」だったり、様々な要素を盛り込みながらめちゃくちゃ面白いストーリーにまとめた作品で、個人的にはアメリカ文学の金字塔であると言っても過言ではないと勝手に信じてます。

ちなみに映像化は2回目で、90年代に連続ドラマになり、私はNHKで見た覚えがあります。「スティーヴン・キングのIT」みたいなタイトルでした。こっちの方が有名ですが、原作信者としては、あまり、というか思い出したくないというか、忘れたい出来だったんですね。そこまで酷くないけど、ITを単なるチープなホラーにしちゃっただけというかB級臭いというか。
で、今回の映画は、この長大な原作を、少年期の第1部と壮年期の第2部に分け、今回、レビューするのは第1部ということになります。

結論から言うと、非常に良かったと思います。
ホラーとして見た場合には、原作はもちろん、あのドラマ版にも劣る部分があるのは否定しません。「相手の怖がる姿で出てくる」という設定を生かした錯覚や悪夢のような不条理なペニーワイズは影を潜め、とにかくピエロの力押し。ひたすらピエロ、みたいな感じです。こう「デリーの歴史の裏に潜む魔物」というより人食い怪人のイメージが強くなっちゃった。不気味さが消えた分、血が吹き出たり腕がちぎれたりのグロ描写と、びっくりどっきり系の演出で推していく感じ。力押しのホラーですよね。好きな人は好きかもですが、ペニーワイズっぽくないしB級臭い。
この部分をもうちょっと工夫できれば良かったとは思う。リトルグレイとかモスマンとかね。いや、そんなん出ても困るけど。

けれど、それを補って余りあるのがジュブナイルストーリーとしての完成度。はみ出しクラブ(ルーザーズクラブ)の面々の描写は見事で、ドラマ版がこの部分を切ってホラー押しで失敗したのに対して、こっちは丁寧な描写や演出、さらに魅力的なキャストで素晴らしいものに仕上げているなと。説明はなくとも状況や感情が痛いほど伝わるシナリオ、キャスト、カメラワークのどれもが良いっす。ベヴァリー可愛いし、ベンも可愛い。
この部分だけでも、キング原作の「スタンド・バイ・ミー」に勝るとも劣らないクオリティーだと思う。ドラマでカットされたアレやこれも入ってるし。
この映画で、今更ながらに「IT」は、ホラー要素の改変ごときで色褪せるものではないと気づかされました。これは紛れもなく「IT」だと思います。
ドラマ版ファンから見たら、「怖くない」という声が上がるかもしれないけど、原作ファンとしては、こっちの方が絶対に上。それは絶対の絶対。

ホラー以外に欠点がないわけじゃないんですよ。今回は88年が少年期の舞台で、音楽も当時のアメリカのナンバーなんですが、石合戦の曲がなんとも合ってなかったり、ラストのアレはちょっと可哀想じゃないか、とか。
でも石合戦はドラマでは扱いそのものがおかしかったし、どれも些細な点だし。

んで、続編というか壮年期は2019年9月公開だそうですが、そっちの出来次第ですよね。ドラマ版も少年期はそこまで悪くなかったわけだし。とりあえず、当時と違ってCGもあるし、クモの悲劇は回避できそうですが、懸念もあります。
一つは、今回の少年期で気になったペニーワイズ退治の改変。原作では「子どもの想像力で退治できる」だったと思うんですよ。だから銀玉鉄砲でしたが、今回はベヴァリーの台詞で分かるように少し変わってる。結果的に退治の方法もアレだったんですが、これって壮年期の意味合いが全然変わっちゃうんじゃないかと。
あとは、ドラマ版で当たり前のようにカットされた、あの記憶の彼方に消えたイニシエーション的なアレですよね。色々物議を醸し、特に女性ファンが批判的なアレですが、個人的には必要だと思ってます。
ペニーワイズの仕掛けた1番の恐怖に立ち向かう行為であり、少年期の終わりでもあって、あのイニシエーションこそが、「IT」を単なるホラーで終わらせない部分だと思うんですよ。
今のご時世からして、レーティングしても難しい気もするんですけど、今回の流れだと、ちゃんとやってくれそうな気もするんですよ。だってラストのアレはアレってことでしょ?



そんなこんなで映画は見にいくべきだし、kindle版も出ているので、読もうぜ。
posted by ヤマダマコト at 17:05| Comment(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: