2017年11月11日

勝手にKDP本レビュー★52「桜七」小野寺秀樹

小野寺秀樹さんの「桜七」を今更ながら読了しました。泣く子も黙るKDPのヒット作であり、吉本のアレを受賞されたり、去年、今年のKDPあるいはセルパブを語る時に避けられない作者であり作品だと思います。
私もかなり前に購入してたんですが、なんとなく読まなきゃと思いつつ、他にも積んでる本がたくさんあって、この時期にようやく読めたんですよ。でも読んで良かったし、もっと早く読んでおくべきでした。

とりあえず、レベル高いです。「このセルパブ」のアンケート前に読んでおけば良かったな、と後悔するクオリティーなんですよね。でも、どうせ、たくさん票が入るだろうから、別に良いかな、という気もする。あーでも、そんなこと言ってたら去年は赤井さんがあれだったしなぁ、という。

繰り返しますが、クオリティーは凄い。KDPで、こうした「普通のエンタメ小説」って意外に少ないんですよ。ラノベは多いんですけどね。あと、純文学とか原理主義的なミステリも多いんですけど、こういう万人向けの重厚なエンタメはありそうで少ない。

ストーリーは、主にサバイバルもの。都内企業に勤務するタフガイ・鮫島が、関東直下型地震で崩壊、さらに津波や噴火に見舞われた東京から、仲間たちと長野へ徒歩で脱出する物語。べらぼうな身体能力やサバイバル術、様々な知識を持つ主人公・鮫島が、職場の同僚であるヒロイン・奈菜になぜ固執するのか、といった謎をはらみながら、スリリングに展開していきます。
実は、最初にストアのランキングで見た時には、刑事アクションとかサイボーグ自衛隊員が活躍する話だと勝手に思ってたんですけど、完全に予想外の作品でした。

こういうサバイバル系は、その昔、ケータイ小説全盛期の2007年頃にちょいちょいアマチュア作品で見かけたんだけど、アレ以来で新鮮でした。貞次さん元気にしてるかなー?もう50過ぎてるよなぁ、とか懐かしくなるところですが、ぶっちゃけ、比較にならないくらいレベルが高いっす、桜七は。

重厚なテーマの割に平易な文体ですっきりした読み口で、あとキャラクターもそんなに面倒くさくないのがポイント。だからと言って軽薄すぎるわけではなく、主人公の鮫島も、クソ真面目すぎるわけでもなく、ちゃんと血の通った人間として描かれてるのがすごく良い。ていうか、登場人物多めですが、抑えめな描写でもキャラが立ってるんです。相棒的な藤森とかもすごく良いキャラで、苗字のせいでパーフェクトじゃない方のヒューマンwith眼鏡を思い出すのはアレですが、彼はもっと見たかったなあ、と。
何より、災害発生後の緊迫感がパねえ。これはなかなか凄まじいですわよ。とにかく淡々と状況の変化を描きつつ、それに対して鮫島たちが対処していくという。その中で、時折、空自の偵察機からとか、俯瞰的に災害を描く描写があって、物語のスケール感をしっかり示してるのが良かった。こういうカットが入ると、俄然盛り上がるし大作感が出ますよね。
エンタメ書くなら、文章の些細なとこより、こういうところに気を使うべきだろうと思うわけですよ。こういう作品がもっと増えてほしい。
作品内の経過時間的に、ちょっと北斗の拳的な世紀末化の進みが早すぎるような気もしないでもないですが、そこはご愛嬌ということで。

あと、全体を見回した時の設定にもネタバレしない範囲で触れないといけない。色々思うところはありますが、この設定とサバイバルものの組み合わせは面白い。この手の作品はジュブナイルなアレとかそういうのばかりと思いきや、学校じゃなくコレでしょ。そして、終盤の伏線から、明らかにスケールがめっさデカいよね、っていう。
こう、壮大な物語の序章なんだろうと思うんですけど、この展開はとても良いと思います。ストーリーテーリングは見事としか言いようがない。初期目的のアレがむしろアレでアレなんですよね。



とりあえず、セルパブのエンタメとしては突出した出来だと思います。
こういう作品が日の目をみるようになったのは1人のKDPユーザーとして嬉しいです。同時に、これからもこういう作品がガンガン出れば、KDPひいてはセルパブの未来は明るいと思うんですよ。読者からの信頼も高まるし、注目されるきっかけにもなる。それに良いものが売れる市場って、誰もが求めていたところでしょ?
100円だし、ぜひ読んでほしい。
posted by ヤマダマコト at 14:40| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: