2017年12月25日

ヤマダ氏スターウォーズ「最後のジェダイ」を観る

というわけで観てきました。例のEP8こと「スターウォーズ 最後のジェダイ」。
結論としては面白かったです。シリーズ通しても出来は良いと思うし、映画としてはともかく、歴代シリーズの中では完成度は高かったんじゃないかと。ここから観るのはちょっとしんどい気もしないでもないですけどね。
あと、すごくディズニー風味が出てきました。玩具展開やスピンアウト前提っぽいキャラがちょいちょいいたり、アニメ的なネタが結構入ってたり。そこは苦手な人がいるかもだし「やっぱりこうなるんか」って思う人もいるかもしれないけれど、私は良いと思う。だって映画館のおっさん率高いんだもの。ちゃんと次の世代のファンも意識しないとだし、これもアリだなと。ディズニー風味が不思議とマッチしてると思います。
ちょっとストーリーが雑で荒っぽいのはご愛嬌というか、そこは昔からそうなんで大目に見ないと。

ヒロインのレイも相変わらず安定してるし、実際、すごくスターウォーズの主役っぽい子だから全然心配してない。この間の金曜ロードショーで気付いたんだけど、実は吹き替えの人が良い仕事している気がする。
あと、若くなくなった「若きスカイウォーカー」こと俺らのヒーロー、ルーク・スカイウォーカーは、前作ラストの不安なビジュアルから一転、あのルークがそのまんまジジイになった感じがすごく良い。彼はオビワンでもヨーダでもないのよ。親父譲りですごく人間臭い人で、その辺はもうイメージ通りのルーク。脚本も見事だけど、マーク・ハミルも立派。チューイやR2-D2と話す姿がすごく好き。終盤のアレも、ヒーローはこうでなきゃ、的なね。
他のキャラもいい感じで、ダメロンもフィンも活躍してる。今シリーズは敵味方ともに群像劇風味なんだけど、うまくキャラを立てていると思いました。
あのダメダメだったカイロ・レンさんもそれなりに軌道修正できてる感じ。
全体を通じて、前作の伏線を次々にあさっての方向に蹴り飛ばしていく乱暴な方向性なんだけど、それが不思議とうまくハマって、ちゃんと良い方向に向いてるんだよね、なんというか。

一方で、今までのお約束をいくつかぶっ壊したのはびっくりしました。代々重用してきたフォースとジェダイとスカイウォーカーの扱いとかね。あのヨーダのセリフは、頭の固いファンに対するメッセージに聞こえたし、ルークへのアドバイスは育児の助言みたいに聞こえますし。
そういったとこもそうだし、ディズニー要素も含めて全体的にチャカチャカした印象は確かにあるけど、むしろそこが良いと思う。
このシリーズは今まで硬直し過ぎてたと思うんです、絶対。特にEP1からEP3までの3作で先鋭化し過ぎていて、前作のEP7も、結局、新世代を謳いながらも旧作の型にこだわり過ぎていたし。その中で今作については、個人的には、既存ファンに多少おもねりつつ方向転換した画期的な作品だと思います。
その意味で面白かったし、今後のジェダイの扱いも興味深いところ。なんというか、今までのシリーズでは考えられないラストに少々の困惑はあるけれど。

次はだいぶ身軽になっただろうから、スターウォーズらしさはほどほどに、映画としての完成度を高めてほしいです。大丈夫。あの世界はもっと変なものを受け入れる強さは持ってる。新しいものを受け入れられないファンを切り捨てるくらいの気持ちでいいのかなあ、と。
posted by ヤマダマコト at 22:46| 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする