2018年02月09日

勝手にKDP本レビュー★56吉田柚葉「病まない病」

最近は雪のせいで執筆もブログ更新も滞りがちですみません。おかげで新作の出版を前倒しできるか微妙になってきました。もともと計画なんてどこかでアクシデントがあるのは織り込み済みで立てているので、こんなものだろうとは思っていますが、それにしても一昨年はインフルエンザ、去年はPC故障で今年は大雪。やっぱり2月は鬼門なんでしょうか。

で、吉田柚葉さんの「病まない病」。
ツイッターのアカウントを見る限り、インテリな男性のようです。グーグル検索だと同姓同名のグラビアアイドルが出てきますが、多分、別人。
なぜ手を出したのかわからないけど、購入していました。無料キャンペーンだったかもしれないし、そうではないかもしれない。

純文学的な短編や掌編が並んでいますが、一方でシュール系のホラーテイストだったりエンタメの匂いもする作品集です。
もっとも分量のある(というか本全体の半分以上を占める)表題作はかなりの力作。美咲という主人公にぞっこん(死語?)というか異様な執着を見せる可愛い後輩が、ひょんな事から文才を発揮し、世間を騒がせる若手女流作家となり、それから〜みたいな物語。
そのダイナミックな筋運びももちろんですが、文章が良い。多分、吉田さんはとても頭の良い人なんだと思う。すごく流暢で巧みな文章なんだけど、一方で砕けた言い回しとか下世話な表現を絶妙に入れ込んでくる感じが好きで、時代を感じさせない面白みがある。高校の現代文とかでも不思議じゃない感じのセンス。KDPの純文学寄りの作品といえば量産型ハルキが目立つ中で、このエンタメ性と個性はすごく好き。特に後半の展開はたまらんです。
あと、もう一作あげるとしたら「火牛」。ゆるキャラをネタにしたエンタメ系短編なんですけど、割とベタなオチなんですが、この語り口でやられるとインパクトがあるなーと思いました。



KDP広いっす。面白いものを書く方がどんどん出てくるんだもの。
posted by ヤマダマコト at 10:54| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: