2018年02月17日

テーブルの上のスカイラークをリニューアルしました

まあ、アレですわ。新作執筆と並行しつつ、こんなこともやっておりました。事後報告ですが一応。
2015年秋リリースの「テーブルの上のスカイラーク」について、これまで上下分冊版と統合版に2種類出ていたのですが、これを機に、統合版に一本化させてもらいました。
とはいえ、どういうわけか分冊版の削除が遅れていて、今でもストアに並んでます。問い合わせ中ですがセレクトのせいなのかな、と思ったり。



で、ついでに表紙を外注してリニューアルしてみました。
表紙はRangerさん(@transranger)にお願いしました。爽やかでいろんな人に読んでいただけるものになったかと思います。とにかく、前から、その世界観というか等身の高いおしゃれな人物とポップな雰囲気、そして、なぜか漂う怪しさがすごく気に入ってたんですね。いやいや、本当に感謝です。
中身については、一部修正を加えた以外は既存作のままですが、元々、統合版だけはあとがきがデラックスになっていて、この作品のベースになったケータイ小説「市民クラブ」や当時一世を風靡した「魔法のあいらんど」時代の思い出などを綴ったちょっとセンチメンタルな感じの内容だったりします。
あとは巻末に上下巻や旧版の表紙をつけたりして、デラックス感を増してみました。
というわけで、すでに旧版や分冊版を買ってしまった人のために後日(おそらく金曜あたりから)無料キャンペーンをやると同時に、サポートへの再配信もお願いしています。再配信については、Amazon次第なんでダメかもですけど。
なんで、分冊版持ってる人であれば、メモリに余裕があれば、無料キャンペーンを利用して、ぜひこっちを落としてもらった方がお得だと思います。そして分冊版は削除しちまいましょうや、旦那。

ここからは同業者向けの話。
とりあえず、以前からやりたかったんですよ。根本はセールスですね。元々、長編の中では、個人的に思い入れがある一方で、スポーツ物でしかも渋めの展開からか、あまり振るわなかったんですね。もともとケータイ小説ではヒットしたタイトルで、より読者層の高めなKDPでは鉄板だろうと満を持してリリースしましたが、その割には厳しかった。特に、無料キャンペーンなどで積極的に上巻を配布した分冊版の方が苦戦するという大誤算となりました。
そのあと、読み放題サービスができ、価格がさほど重要ではなくなりました。それを踏まえると、分冊版については役目を終えた感があり、ずっと分冊版の廃止と一本化を検討してきました。もっと分量のある「金色天化」が分冊していないわけで、その辺との整合性も考えなきゃいけないし。
とはいえ、一本化すればランキングなどで有利になる一方で、著者セントラルから本が減る悲しみも味わうことになるので迷いました。
このタイミングでの決断は、リオデジャネイロ五輪以降、卓球の人気が上がってきたのか、統合版に限ってはそこそこ読まれるようになってきて、月に平均で6000KENP程度は稼いでくれるようになったということと、KDPの管理画面に、これまでの出版停止ではなく削除の項目ができたので試してみたかったこともあります。

これで、残すところ分冊は「山彦」のみとなったわけですが、向こうはまだ一本化は考えてないんですよね。なんせボリューム考えれば統合版一本はちょっと無理があるでしょうし、それ以上に、今でもカテゴリーランキングにちょいちょい出てきて、安定したKENPを稼いでくれる大事な戦力なんですよね。主力の座は明け渡したとはいえ、3冊で月に2万以上を計算できるのは、正直デカい。先発ローテの4枚目としてはまだまだ使える感じ。
いつかそういう日が来るかもですが、だいぶ先なんじゃないかと。
ラベル:卓球 Kindle KDP Amazon
posted by ヤマダマコト at 17:42| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: