2018年03月25日

勝手にKDP本レビュー★57松葉紳一郎「虚構のER」

久しぶりのKDP本レビュー松葉紳一郎さんの「虚構のER」。これは結構前からマークしてて、牛野さんだったと思うんだけど表紙のクオリティに驚いてた記憶があるんです。
私自身は血がドバッとするのは苦手なんで医療ミステリ、特に海堂尊系はあんまり好きじゃないんですけど、それでも面白そうだとは思ってたんですよ。
で、今回、某「このセルパブ2018」で某コヲノスケさんが推してて、よし読んだろうかと。

まず、作者は現役の医師です。実際、巻末や著者セントラルでご尊顔が見られますが、本当にドクター的な雰囲気。私のようなゲスい仕事とは違って、誇りをもって仕事をしてる感がうかがえます。

内容は心臓カテーテルのPCI手術の天才で、舞台となる病院の評価を一気に上げた喜多村医師を中心とした群像劇ミステリ。
この喜多村医師に関するある疑惑を中心に、病院内で起きた医療犯罪が明らかになっていきます。軸になるのは「家族」ですね。
1番の見どころはオペの緊迫感と法廷でのやり取りの緊張感。医療ミステリに期待されているところはきちんとおさえていて、さすが本職としか言いようがないし、上手いっす。クオリティ高いです、これ。
あと、序盤は人間関係の描写が淡白で、専門用語が頻出のミステリ部分に比べて弱い気がしたんですが、どんどん濃く広がっていき、ちゃんとバランスが取れているのも見事。
間違いなく今まで読んだKDPのミステリ本の中では自分的ベスト10に入ってくると思います。

あと、物語の構造がすごく独特というかミステリではあまりないパターンな気がする。終盤にこうどんどん謎が枝分かれして枝分かれして、広がっていく感じが新鮮でした。セオリー的には収束するようなところでも、そんな風にはならない。
これだと消化不良になりそうだし、確かにもやっとする部分はあるんですが、このもやっと感がリアルというか、エンタメとしてはもしかしたら賛否があるかもですが、これはこれで大人な感じがして面白いっす。全てがきれいに終わらなきゃいけないものでもないですし。

勿体無いのは中盤以降に出てくる弁護士と探偵。もう少し尺をとって掘り下げた方が良かったな、と。おかげで最大の見せ場がちょっと軽くなってる気がするんですよ。



あと表紙なんですが大阪のデザイン事務所に発注してるんですね。こういうのもアリなのかもしれない。ものすごく高そうだけど。
ちなみにあとがきの自身の経験が面白い。若い当直医の心理とか、ものすごく気になる。
ラベル:Kindle KDP Amazon
posted by ヤマダマコト at 09:04| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: