2018年03月30日

新作「宵闇天化」上巻が出ました

そんなこんなで新作「宵闇天化」の上巻をリリースしました。
まさかの怪しさ満点の表紙。目立てばいいんだ、目立てば。



中身については、「金色天化」、「天化爛漫」に続くシリーズものです。ただ、前作の爛漫と違うのは、こっちはシリーズ既読前提になっていることです。
爛漫については、すでに何度も話していますが、本来は番外編というか、オマケ的な作品なんですよ。独立した物語で、お馴染みの面々が挑むという。
もともと金色、宵闇の流れは決まっていて、今回の宵闇は金色の直接の続編なんです。
ただ、シリーズとして見た場合、その2作だけだとバランスが悪いというか、同じテイストでスケールを広げるだけでは面白くないので、爛漫を挟んで目先を変えてみようという。
そういう意味では、前作の爛漫は、あんまり主人公サイドの人間関係にドラマティックな変化を作れず、ただ事件を入れ替えるだけになってしまったのが反省点だったりするんですよね。
結果、金色と毛色が変わって、割と保守的なミステリになってしまったんですね。
そういう意味では、爛漫はすっ飛ばして金色→宵闇でも良いかもしれない。

そこで本作なんですが、金色の続編ということで、事件に合わせて卜部家の面々のダイナミックな関係性の変化を前面に出しているのがポイントかなーと。初っ端から色々ぶっ込んでるんで、まったく話せないのがアレなんですけど。
物語自体は、金色リリース時点で薄っすら脳内にはあったんですが、前作までのカスタマーレビューや感想など、かなり反映させてもらいました。特に女の子成分を多めにしたり。スイーツな雰囲気を強化したり。
前作がミステリに寄った分、今回はエンタメ方向に振りつつ、改めて、自分なりにラノベのエッセンスを取り込んだり。
あとコンセプトが「劇場版」なんで、京都の天化師が参戦したり、月狂、じゃなかった大槻四郎はじめ過去作のメインキャラクター総出演でお祭り作品にしたり、あえて完成度より派手さを重視したのは、私の作品としては珍しい方向かもしれない。
まあ、3部作の最後だし、良いかなーと。

この上巻について、冒頭からアレなんですが、卜部家の変化がメインで、事件が動き出すのは中盤以降なんですが、個人的にはこの構成はうまくいったと思います。金色に対してメインプロットとサブプロットがそっくり入れ替わったんですが、ちゃんとドラマとしては機能していると思います。

あと、知ってる人がいるかもですが、過去に別名義でケータイ小説で発表した某作品の設定を流用させてもらいました。イエローナイフまわりですね。それに、今回はせっかくなのでロケーションも、「山彦」、「鳥葬」、「魚」、「はるかぜ」らへんと被らせたり色々やったり。

んで、無料キャンペーンについては4月3日の火曜日夕方から3日間やります。初回キャンペーンは金曜日からが定番なんですが、あえて平日3日間で。ぜひぜひ利用していただければ幸いです。
下巻についても4月中旬にリリースしますし無料キャンペーンもやるので、待っててもらえれば。290円とお高めですし。



そうそう、1作目の金色天化はこちら。プライム会員は無料で読めます。
ラベル:新作 Amazon Kindle KDP
posted by ヤマダマコト at 20:44| Comment(2) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下巻、楽しみに待ってます(*⌒▽⌒*)
Posted by ビビアン at 2018年04月13日 00:08
ビビアンさんへ
もうすぐ出ますよ。無料キャンペーンやるのでお楽しみにです
Posted by ヤマダ at 2018年04月13日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: