2018年06月28日

ヤマダ氏、独立作家同盟を応援してみる

ていうか、いろいろあって鷹野凌さんが理事長を務めるNPO法人日本独立作家同盟の賛助会員になりました。
いや、あくまで賛助会員なんで組織に属するというものではなくて、名前の通りに、趣旨に賛同して寄付をしただけです。というか本当は普通に寄付をするつもりだったんですよ。
NPOについては本業でも関わる機会が多くて、その中で多くのNPOが税制で優遇されて社会的に影響力が高くなる「認定NPO」を目指していることを知ったんですね。で、そのためには年間で3000円以上の寄付者が一定以上いないと認定を受けられない。
鷹野さんによれば独立作家同盟について将来的にはそこを目指すということなので、なら寄付したろうかい、と。その時に、「賛助会員の会費も寄付扱いになる」と聞き、ならそれで、という感じです。特に会員の自覚はないし活動することもないし。

独立作家同盟についてはNPOになる前から「群雛の人たち」いう認識で知っていました。群雛そのものは作品発表の場として面白いと思ったんですけど、正直、当時は組織としてはあまり興味がなかったんですよ。どちらかといえばプロモーションと交流に寄っている感じで、それはどちらも私にはあまり重要じゃなかった。
NPO化は、確か晴海まどかさんが会見を実況していましたが、かなり興味深かった。それに昨今のノベルジャムもとても面白い試みだし上手くいっているんでしょうけど、自分に直接関係があるものではないな、と思っていました。

一方、私自身、セルパブをやってきて「1人ではどうにもならない」という部分が増えてきたんですね。
とくに一昨年でしたっけ。「エンジェル」などをリリースしてKDPを黎明期から盛り上げてきた大御所・如月恭介さんがAmazonから無関係な嫌疑をかけられてアカウントを凍結させられた事件。あきらかな冤罪だったため結果的に解決したんですが、ああいうことが今の自分に起きたらと思うとゾッとするんですよ。すでに生活の一部になっているので、ここでアカウント消えたらダメージがとても大きいのです。
だから、そういった時に直接ストアとコンタクトが取れてモノが言える同業者組合的なものが必要だと感じたんです。
で、その件で鷹野さんとツイッターで話していたら、独立作家同盟も考えていることは一緒なんだな、と思い今回の件に至ったわけです。
そんな高尚な理由ではなく、とりあえず、自分で動くの死ぬほど面倒じゃん。ただ原稿と向き合ってたいじゃん、っていう。だったら法人格を取得して会見開いて、ノベルジャムで今をときめく独立作家同盟さんにお任せでいいじゃん、みたいな。だから応援する気になったわけです。

個人的には、作家の主体的な活動をサポートしたり、あるいは税制改正で確定申告が変わったら税務署の人を呼んでセミナー開いたり、いわゆる商工会議所のセルパブ版みたいなものを期待したいです。とくに個人では接点を持ちづらい行政やストアとのパイプ役はあると嬉しい。
まあ、あくまで個人的な願望ですが、今後はそういうニーズも増えてくる気がするし、独立作家同盟への期待は増してくると思うんですよ。

なんにせよ、そのためには組織が強く大きくならなければいけないんだろうし、ノベルジャム含めいろいろ頑張って欲しいなあと思います。まあ、私は年3000円の応援しかしてないので、これ以上は言うことないですけど。
ラベル:KDP Amazon Kindle
posted by ヤマダマコト at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: