2018年08月22日

なんとなく進捗などなど

とりあえず、次作「ヤルダバオートの聖域」については推敲も一旦終わり寝かせています。
平行して進めていた表紙も完成しました。
ここまで人を巻き込んでの表紙は初めてで、色々と迷惑をかけてしまいました。原稿のない状態からの依頼は初めてで、イラストレーターさんは大変だっただろうな、と。逆に、こちらもイラスト案のアイデアを原稿に取り込んだりして面白いこともできましたけれども。
おかげで非常にクオリティが高く魅力的な表紙になりました。なんとか、それに見合った作品に仕上げたいです。
リリースは10月上旬かなあ、と。9月中に間に合いそうですけど、あんまり間に合わす意味がなさそうというか。無料キャンペーンの使いやすさとか考えると10月の方が無難かなあ、と。

で、今はさらに次、おそらく年明けにリリース予定の長編のプロット作りを進めています。
次は恋愛要素の強いミステリでファンタジー成分も少々みたいな。これは、実は某新潟出身のイケメンで最近はレディオでクールなあんちくしょう、王木氏への挑戦的な。去年「ロスト・イン・カンヴァセイション」を読んですごく良かったんですよ。同じ物書きとして悔しくて、今風に言うと、あの作品からインスピレーションを受けちゃったんですね。あれは本当に面白かった。



なんで、あの作品の序盤のシチュエーションをお借りして、自分なりのエンタメに仕上げたろうと。もちろん無許可ですけど。まあ、冒頭以外は全然似てないんで「原案」どころのレベルでもないんですけれど。
タイトルは「ブルームーンのほとり」を有力候補にしています。執筆中の仮題が「ブルームーン」だったんですよ。意味的にも作品にぴったりだし売れそう。ただ赤井さんの「青い月夜の特別なこと」と被るのが面白くねえな、とも思っています。
で第2候補は「オオミズアオ」。夏の夜に激しく飛ぶ美しい蛾の仲間で、すごく好きな昆虫なので今回のキービジュアル的な存在なんですよ。短編の「アサギマダラ」とリンクしている感じがするし、どこか「月」のイメージもあるし表紙も見栄えしそう。ただ、なんでか売れる気がしないんですよね。
にしてもプロットの時点で気を使いますね。ミステリなら不要でもロマンスならあった方がいいシーンとか取捨選択に気を使います。
ラベル:Amazon マタギ KDP
posted by ヤマダマコト at 18:05| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: