2018年09月03日

勝手にKDP本レビュー★61 Fanta miste「少女サイクロプス」

さてさて、某王木レディオが注目される中、なんとなく2日連続レビューいってみますか。こちらはひっそり。
というわけでFanta misteさんの「少女サイクロプス」。
これを読むきっかけは「金色天化」の類似作品がないか、とストアを漁ってた時だったような気がする。で購入して冒頭読んで「これなら被らない」と安心して積んでたんですね。
表紙の眼帯の子がモロ自作と被るんじゃないかと不安になったんですよ、確か。



内容はシンプルで、怪しげな組織「教会」で生み出された超人2人によるタイマンバトルもの。サイクロプスこと眼帯の少女サキちゃんが組織を抜けた弟分と戦うという感じ。
とにかく、ストーリーそのものを「バトルをいかに盛り上げるか」の舞台設定として割り切ってるのが潔いというか、少年マンガの読み切り作品っぽいですね。
ストーリーについて語るべきことは特にないですが、バトルそのものは心理描写が緻密でなかなかスリリングで面白かったっす。
個人的には、長編向きの題材かなとも思いますし、マンガにしたら面白そう。

それ以上に、こういう小説って好きなんですよね。セオリーとか気にせず好きものだけを全力で描き切る感じというか、こう作者の趣味が全力な感じは気持ちいいです。
セルパブって、そんなに息苦しく取り組んでいくものではなくて、好きなものを書いて発表すればいいやん、っていうか。

いや、でも長編化はして欲しい。この世界観でじっくり書いたものを読みたいぞなもし。
posted by ヤマダマコト at 19:15| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: