2018年10月31日

無理矢理ブログを更新してみる

さて、何を書こうか。
みたいな。というかKDPだけだと話題がないのよ。
最近、休みの日に安いイナダとかの柵を買ってきて刺身切る練習をしてるとか、そんな話題はみんな楽しくないでしょう?
ていうかハマチとイナダの違いって何よ。イナダ美味しいけどさ。ブリよりぎとぎとしてないからお刺身超美味いやんけ。

まあいいっす。うん。あれね、隙間社さんとこから出る例のリミックス本がリリースされれば、きっと話題もいろいろあるだろうし。あと、今は色々と投票企画があるんで、そっちに影響を与えないように(いや、まったく影響力のあるブログじゃないけど、あとで八つ当たりされても困るし)KDP本のレビューは控えてるんですが、そういうのもぼちぼち解禁していきたいし。

リミックス本については、まあ、一通りの原稿に目を通してます。そもそもリミックスの概念すら人によって違うのですごく面白い。まあ、あれですよ。このメンツなら間違いないですわ。その辺はおいおい。

んで新作「月の女神に、希望の歌を」については順調です。11月中旬には初稿が上がるはず。2019年最初の作品になると思います。
ちなみに今回の表紙は、「風、めぐりくる」のなかしまなぎささんにお願いしています。これはもう既定路線というか、そもそもの企画の時点から「なかしまさんの表紙にふさわしい作品」というコンセプトがあって、作品全体のテーマとして水色や青色をイメージしてたり。
「風、めぐりくる」は特に女性にウケてる感があって、しかも私の短編の中ではもっとも割高なのにもっとも売れているのは、なかしまさんの力以外の何物でもないと思ってるんです。



で、去年の夏頃から、どこかのタイミングでなかしまさんを表紙に起用した恋愛+ミステリを書いてみたかったんですよ。
私の作品って、特に長編は、肉料理的なヘビーなものが多いので、そうではないものを書いてみたかった。その旗印という意味では、なかしまさんだろうと。私も、あのイラスト群にふさわしい小説を目指せば、必然的に今までの自分とは違う作品に仕上がる気がするし。
そういう意味では出来上がりが楽しみであります。
以上。
posted by ヤマダマコト at 22:09| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: