2018年11月15日

出たぞなもしMashUp! セルパブミックステープvol.1

というわけで、出ました噂のリミックス本「MashUp! セルパブミックステープvol.1」。概要はすでに説明した通り、隙間社の2人と王木亡一朗さん、それと私によるそれぞれの作品をリミックスした本になります。
無料キャンペーンも始まったことですし、ここら辺で個々の作品について個人的な感想でもちらっと。
紹介は掲載順。
なお、無料キャンペーンは17日夕方までの模様。



「サイクロプス(Siva mix) 」 弐杏
王木さんの「サイクロプス」のリミックス。その手法がユニークというか、オリジナルの裏面を描いていくんですね。別の切り口から例のハイテンションで物語を追体験しつつ、ちゃんと綺麗に落とす感じ。なんつーか弐杏節が効いてますね。読後感も含めて今回の作品の中で最も健全な感じがする。

「ナイトクルージング 」 王木亡一朗
拙作「魚(いよ)」のリミックス。オリジナルが民話的スピリチュアル風味だったんですが、こちらは打って変わって地に足の着いたダークなファンタジーにリビルド。舞台もオリジナルと重なりますが、描写や演出でこちらの方が雰囲気がよく伝わる気がする。阿賀野川河口付近の大河感みたいなところ。なんだか映像作品っぽいなと。

「ハイランダー、荒野を往く」 ヤマダマコト
王木さんの「ライトセーバー」をリミックス。印象的な二人称のストーリー展開を踏襲し、 なるべくオリジナルに準拠させつつ、最後は大きく違う感じ。オリジナルの鏡写しみたいな、まあアレな感じです。ちょっと書いてから不安になった部分もあります。王木ファンに怒られそうで。

「SIDE-B」伊藤なむあひ
拙作「変人たちのクリスマス」のリミックス。これは私もオリジナルを忘れてたという。大まかなストーリーはそりゃ覚えてたけど、ディテールは適当だったので記憶になかった。だから「文学少女ケイコ」ネタは懐かしいし、まさかそこを軸にしたリミックスが出てくるとは思わなかったし、しっかり作り込まれていてすげえな、と。

「スター・ストーリーズ」ヤマダマコト
なむあひ作品「鏡子ちゃんに、美しい世界」のリミックス。コンセプトが面白いので、やっぱりだいたい原作踏襲で最後にひねる感じ。なむあひ作品全体に漂う「死の匂い」を大事にしようと。クライマックスに使った物語もそこから着想。あれしかないと思った。モチーフの「星」はもう一つのリミックス候補だった作品のタイトルから。

「文中の( )の中にあてはまる名前を入れなさい」王木亡一朗
弐杏さんの「文中の( )にあてはまる文字を入れなさい」より。今回のトリ。ボリュームもかなりのもので、もうご苦労様でしたという他ない感じ。中身もフィナーレにふさわしい。オリジナルへの限りないリスペクトと作者のエゴイズムを見事に両立させた怪作。ある意味で、この企画のシンボルになるようなすごい作品だと思いました。


まあ、あれです。蓋を開けたら意外にバランスのいい本になったんじゃないかと思います。これまでも電子雑誌やアンソロジーはあったけれど、ここまで踏み込んだ企画ってそんなになかったと思うんです。「夏100」や「このセルパブ」とは違うし、ノベルジャムとも違う。
もうプロレスですよね。お互いに息を合わせてギリギリを攻めていくパフォーマンスっぽい。
ぜひオリジナルと合わせて読んでほしいです。

https://sites.google.com/view/mushup-vol1/

こっちのランディングページからチェックできますし、是非是非。
posted by ヤマダマコト at 22:20| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: